”Speech is silver, silence is golden.”

”Speech is silver, silence is golden.”
(雄弁は銀、沈黙は金。雄弁は大切ではあるが、時には沈黙が雄弁よりも効果的な場合もある、という意味ですね。)

・・・なんて、西洋の諺がありますが、私は沈黙が大の苦手。

沈黙、イコール気まずい雰囲気・・・のような気がしてしまうのです。どうにかその沈黙を破ろうと、ひたすら話し続けてしまうがために言わなくてもいい余計なことまで言ってしまい、後で反省・・・なんてこと、本当によくあるのです。

だから、私のレッスンは、とにかく「しゃべりっぱなしの1時間」。「しゃべって、しゃべって60分」~!キックボクシングであろうが、ヨガであろうが、太極拳であろうが、ひたすら話し続ける!

・・・と、言うのは数ヶ月前までのパターン。
あることをきっかけに、ヨガと太極拳では「しゃべり」を減らすことにしました。
(キックボクシングでは相変わらず怒鳴りしゃべりまくっています。笑)

特に、太極拳レッスンで、生徒さんと最後に型を一緒にする時・・・。私は、一切、しゃべりません。そして、なんと、これが大好評(私の「しゃべり」がよっぽどうるさかったのかもしれません。笑)。最初は戸惑っている生徒さんもいらっしゃいましたが、今では、皆さん、「至福の時」だとおっしゃっています。

沈黙って、きっと、全てをあらわにするのだと思います。「沈黙の時間」を持つことにより、普段は見失いがちな「内なる自分」ともう一度自然に深くコネクトすることが出来るのです。そして、それは・・・とても穏やかな気持ち。

”Your vison will become clear when you look into your heart." - Curl Jung


思ったことをすぐに口に出したり、とっさに判断して話さず、まずは一呼吸、おいてから話すと良いのかもしれませんね。

・・・って、出来るかな・・・私はおしゃべりなんですよ(必ず、通知表には「KICKPOPちゃんは、授業中のおしゃべりが多いので気をつけましょう。」って、書かれていましたから。苦笑)

シー!!!

c0150224_140291.jpg

[PR]

by kickpop | 2009-01-07 14:02 | お仕事