ありがとう。また逢う日まで・・・(Thank you, and see you again!)

保育園の年長くらいまで、とても泣き虫でした。
早生まれだったせいか、先生に言われたことが他の子のようにどうしても出来なくてメソメソ。体の大きな子にいじめられてはメソメソ。そんな保育園が嫌で嫌で、毎朝メソメソ。

そんな「泣き虫」な自分に、ある日突然、嫌気がさし、「もう絶対に泣かないぞ!」と、子供心ながらに決意。

あの日から、「涙」をコントロールすることがとても上手になりました。泣きたくなったら、悲しいことから心をそらす。代わりに楽しいことを考える。「私は強いから泣かないんだ」と、心の中で繰り返す。それでも、どうしても泣いてしまったら、どこかに隠れる。ただの意地っ張りです(笑)。

でも・・・今日の「涙」のコントロールは、とてもとても辛かった・・・

約5年半という長い間、教え続けてきたYMCAのキックボクシングレッスン。

今日が、とうとう最後の日となりました。

5年半前にスタートしたレッスンですが、当時は、「Turbo Kick」というダンス色の強いキックボクシングが基本のフォーマットだったため、「きちんとパンチしようよ」「きちんと蹴ろうよ」と、細かいテクニックにもこだわる、まるで道場みたいな(笑)の私のスタイルがどこまで受け入れられるのか?と、不安でいっぱいでした。

2度目のレッスンにまた同じ生徒さん達が戻ってきてくれた時は、本当に嬉しかった。そして、生徒さんがご家族を、おトモダチを、ご近所さんを連れてきました・・・と、レッスンがどんどんGrow(大きくなる)なっていくのもとても嬉しかった。生徒さんが今、どんなことをして、どんなことを思っているのか・・・そんなプライベートなお話を聞くようになれたこともとても嬉しかった。

毎週土曜日8時スタートのレッスン。せっかくの土曜日なのに、毎週6時半起き。早起きをあまり苦痛に思わなかったのも、そんな生徒さんとの素晴らしい関係があったからこそ、だと思います。楽しくて、とても充実していたこの5年半。

1月の時点で、体調不良のため、もうレッスンを続けられないことが分かったのですが、なかなか心を決められませんでした。そして、最後の日を決めた時から、思い続けたことは、「今まで私は100%の力を出し切っていたのかな?私は最後の日までに、私の持っている全てのものをみんなとシェア出来るのかな?」

以前にもご紹介しましたが、「Dream as if you'll live forever. Live as if you'll die today(永遠に生きられるかのように夢をみよう。今日死んでいくかのように生きよう) - James Dean」です、やっぱり。悔いのないよう、瞬間、瞬間を大切にしていかなければ、と思いました。

そんな想いがあったので、先週、みんなのサイドキックがとても決まっていたのを見た時は、胸がじーんと熱くなりました。生徒さんのスキルは、自分の(指導)度量の反映ですから・・・。5年半、頑張った自分をそこに見られたような気持ちでした。


「来週はいつもより30分早く来てね!」と、生徒さん達に先週言われたのですが・・・私を待っていたのは、サプライズパーティでした。朝ごはんをみんなで食べよう、ということで、たくさんの美味しい手作りマフィンや、フルーツ、ナッツ、ドリンク類。そして、キレイな花束&バラの鉢植えもいただきました。

c0150224_9274787.jpg


c0150224_928243.jpg


でも、何よりも一番嬉しかったのは、みんなからの寄せ書きです。

c0150224_9282629.jpg

「私達をハッピーにしてくれたアナタに感謝しよう!アナタは私達の心の花を咲かせてくれるチャーミングな庭師です。ありがとう。」


レッスン中は涙のコントロール、どうにか頑張れたのですが・・・
寄せ書きを読んだら、コントロールが大変、困難に。涙目の生徒さんたちにギューっとHugされたら、コントロール、すでに不可能。お別れって、本当にツライものです。


経験の浅い私を暖かく迎え、励まし続けてくれた私の優しい上司達(Chris&Stacy, Thank you so much!)。5年間、ずっとずっと一緒に頑張ってくれた生徒さん達。私はみんなに育ててもらったんだなあ・・・と思います。

そんなみんなに心から、感謝。

YMCAを去るわけではありません。これからは、ヨガや太極拳のレッスンで逢いましょう!

「Thank you, and See you again(ありがとう。そして、また逢う日まで・・・)」
[PR]

by kickpop | 2009-03-01 10:05 | お仕事