新聞紙ドレス

今日は、シアトル郊外に住む私のおトモダチ、チビーちゃん家のご長女・ハナちゃんのステキなドレスを紹介させていただきます♪

さあ・・・どんなドレスでしょう?

ご覧下さい。

c0150224_11492764.jpg


(ハナちゃん、可愛いーーー。日本に住んでいた頃はモデルさんしてました♪)

さて、お気付き・・・でしょうか?

そう・・・

c0150224_11501267.jpg


なんと・・・

新聞紙で出来ているドレスなのです!

c0150224_1153866.jpg


ハナちゃんのパパ(エド)のお手製「新聞紙ドレス」です♪


実はこのドレス誕生は数年前までさかのぼります(ハナちゃんは現在はもうちょっとお姉さんになってます。)ハナちゃんが小学校中学年の時のハロウィンに、パパと一緒に思いついた・・・というのが新聞紙ドレス誕生のきっかけ。見事、学校のハロウィンパーティコンテストでもグランプリを受賞されたそうです!

(さすが器用なエドパパ!余談ですが、エドは、お家もドレスも作ってしまいますが、ベーキングもお上手。何とも忘れられないのが、エドのシナモンロール。とーーーっても美味しいのです。日本にいた時、何度か作っていただいたのですが・・・本当に美味しかった!)


そして、こちらのドレス・・・

なんと・・・

あまりのユニークさ、芸術性の高さに、噂は噂を呼び、シアトルローカルのテレビ局からの取材を受けたそうです。先日、放送された番組のリンクはコチラ(↓)です♪

(英語ですが、ぜひぜひご覧になってみて下さい。ハナちゃん、エド、チビーちゃん、そして当時はまだお腹の中にいたハナちゃんの妹ちゃんも一緒にご出演されてます。)

http://www.king5.com/video/eveningmagazine-index.html?nvid=341402


普段から思うのですが、アメリカ人って、本当に発想がユニーク。型にはまらない考え方、生き方にはいつも感心してしまいます。

先日も、フロア工事の関係で、私の太極拳レッスンが出来ない日があったのですが、「じゃあ、屋外でやりましょう。」と、生徒の皆さん。「出来ないと言われたから、出来ないんだ」とは、考えません。アメリカ人は、色んな角度から可能性を探すことの出来る天才です。

私の生徒さんで、大学で数学を教える他、家庭教師として数学を教えていらっしゃる方がいます。日本の数学とアメリカの数学の考え方の違いを説明して下さったことがあるのですが(日本人生徒も何人も教えていらっしゃるようです)、とにかく日本人は暗記に関しては素晴らしい力があるのですが、色んな側面から考える力には少々欠けている、とおっしゃっていました。A地点からB地点にたどり着くまでに、道は一つではなく、二つも三つも四つもあるんだよ・・・と、教えるのがアメリカ流の数学なんだそうです。

周りの人がビックリするような、人と全く違っている発想も大いにウェルカムなアメリカ。新聞紙ドレスの誕生も納得、ですネ。


さて・・・ユニークな発想を持つ我が家のアメリカ人ハニーも、ハナちゃんのビデオと写真を見て・・・

「エドは新聞紙ドレスの本を書くべきだ!きっと本は売れるに違いない!僕の目は確かだ!」と、かなり興奮しておりました。チビーちゃん、エドにお伝え下さい(笑)。そして、ステキな写真やビデオを紹介させていただき、本当にありがとうございました。
[PR]

by kickpop | 2009-03-24 12:29 | お友達