独り言

最近、ちょっと思うところがあり、RYT-200(全米ヨガアライアンス200時間)のプログラムを再検討中のKICKPOPです。

色々なヨガスタジオ、ヨガ団体でのプログラムを見ているのですが、どれもお値段がお高い。同じお金で、日本に2回は帰れるかな。家族でハワイ旅行も余裕だな。ちょっとした家のアップグレードも出来ちゃうな。フィットネスでは通用するヨガティーチャーの資格を持っているのだから、このままの状態を続けてもいいのかな。有り余る富があるわけでもないのに、家族との時間を犠牲にすることになるのに、こうして資格を取りたいと強く願う自分は独りよがりな人間なのかな・・・。

そして・・・私はどうしてRYTにこだわるのだろう?そもそも、私はどうして資格にこだわるのだろう?

今も「怖がりなインストラクター」ですが、「もっと怖がりな駆け出しマーシャルアートインストラクター」だった頃、その自信のなさをひたすら練習でカバーしていました。それでも何も変わらなくて、ずいぶんと悩んだものです。練習で豊富な知識を得ることは出来ましたが、結局、本当の自信を与えてくれたものは、資格や練習ではなく、経験でした。

資格と経験。理想(夢)と現実。練習と結果。目的とゴール。いつも向かい合っているもの同士。二つのちょうど真ん中に、今の私が求めている目的があるのかな。その目的は、人生の目的とつながっているものなのかな・・・。

葛藤はしばらく続きそうです。


夢を叶えるということは、自分が「自分」として生まれてきた目的を果たすということ、魂の夢を叶えるということです ~江原啓之~


・・・以上、KICKPOPの独り言でした。支離滅裂でゴメンナサイ。


オマケ☆

最近、とても気に入っているヨガCDです。

c0150224_1393790.jpg


Wah! 「Love Holding Love」
[PR]

by kickpop | 2009-06-04 13:32 | お仕事