黒帯試験 2009

今日はタイラー先生の助っ人!

c0150224_13424293.jpg


2年ぶりに・・・「Championship Karate Black Belt Test(黒帯試験)」が行われるため、です。

私の黒帯初段試験の時には、鬼のように見えたテーブルの向こう側の試験官達・・・

c0150224_13442925.jpg


今日は、その「鬼側」になりました(一緒に試験官を行った空手仲間達)。


2年ぶりの黒帯初段試験でしたが、この試験にまで漕ぎ着けることが出来たのは、たったの2名でした。まだ10歳のRykerくん(タイラー先生のやんちゃな次男坊くん)、そして、やっぱり同じ年くらいのAliくん。また、黒帯初段試験と平行し、黒帯二段、黒帯三段の試験も行われました。

c0150224_13502860.jpg


試験前は、二人ともさほど緊張している様子もなかったのですが(「最短黒帯試験記録を作ってやる!」なんて、余裕なRykerくんでした)・・・

c0150224_13522117.jpg


途中から雲行きが怪しくなり、二人とも、涙、涙、涙。


タイラー先生の黒帯試験は、試験を受けている誰か一人でも間違えると、全員で腕立て伏せをして、始めからやり直し。でも、誰が、どのように間違っているかは教えてもらえません。全員が完璧になるまで、腕立て伏せ、やり直し、腕立て伏せ、やり直し・・・の繰り返し。私は大人数のグループで黒帯試験を受けたため、結果、7千回の腕立て伏せをする羽目(?)になってしまったのです(人数が多ければ多いほど、間違えも増える。7千回は、道場新記録だったそうです。笑)。今となれば、それも楽しい思い出ですが。


RykerくんとAliくん・・・くやし涙と汗でグチャグチャな泣き顔になっていました。

フィジカル面では、大人よりはるかに回復力の早い子供。でも、「この苦しさは、テンポラリーなんだ。ここで頑張れば次に進めるんだ。」と、大人のように先を考えることは、子供にとってはちょっと難しいのだと思います。


タイラー先生から、「You have to earn your belt!」(黒帯は、自分の手でつかむものなんだ!)と、何度も言われたものです。何年も何年も、黒帯試験に向け、ツライ練習を乗り越えてきたのに、当日の試験では、プレッシャーで押しつぶされそうになる心。最後に試されるものは、技術でも、体力でもなく、精神力です。そして、そこから得られるものは、言葉では言い表せないくらい大きなものです。


黒帯初段を自分の手で勝ち取ったRykerくん、Aliくん、そして、その他の皆さん。おめでとうございます!今日、得たものは、一生の宝物になると思います!

試験が終わる時には、胸がじーーーんと熱くなりました。みんなのステキな人生の1ページを一緒に書き綴ることが出来たような気持ちでした。


さて・・・熱い1日を過ごした後は、はなばななさん達に、「秘密基地」へ連れていっていただきました・・・

「秘密基地」の名にふさわしく、隠れ家みたいな感じで・・・

c0150224_14272321.jpg



ほんとにナイスな秘密基地!

c0150224_14284398.jpg


c0150224_1429132.jpg



ネパール料理って、優しい味で美味しいね!美味しくて食べすぎましたが(笑)。
[PR]

by kickpop | 2009-06-06 14:40 | お仕事