ピラティストレーニング ~Day 2: Mental Focus~

昨日に引き続き・・・の、ピラティストレーニング。

またまた朝から難しーーーい講義でした。日本語でもカミカミになってしまいそうな、筋肉名称が飛び交っていました。おまけに先生、黒板に全く書いて下さいません。ものすごーーーい集中力で、講義を聞き、ノートを取りまくりました(英語とカタカナ、ごちゃ混ぜで、です。笑)

トレーニングの最後に筆記試験があるのですが、この試験にパス出来ないと、また丸2日間、同じトレーニングを受けなければならないのです。これは、どうにかして、受かるしかない!!!

人間の集中力って、スゴイですよね。予習もしていなかった、そして丸っきりピラティス初心者の私ですが、昨晩、今朝のモーレツ勉強と、昨日、今日のモーレツ受講で、かなりピラティス理論(かじった程度ですが)を理解出来るようになっていました。

c0150224_12385321.jpg


(眠い目をこすりこすり起きて、朝から勉強しましたーーー!)

ピラティスのコア(体幹)のエンゲージメント力を、ヨガやマーシャルアーツにアプライ出来たら、ポーズに安定感が得られると同時に、動きもダイナミックになり、運動効率が上がり、また、怪我防止にも大変役に立つのではないか・・・ということに、勉強していて気付きました。

(怪我防止の話ですが、トレーニングをして下さった先生は、45歳の女性、そして毎週、100キロ近くを必ず走るランナーなのですが、20年以上もピラティスをしているおかげで、ランナーにありがちな関節の故障、または怪我なども全くないそうです。)

そのことに気付いた時、「試験には落ちてしまうかもしれないけれど、今後、ピラティスインストラクターになりたいのかも今はまだ分からないけれど、何だか、とっても得する情報をゲットした気分~♪」に、なりました。


講義、グループデモが終了し、いよいよ筆記試験です。問題は50問。75%の正解率なら合格(それなら、行けるかも!?)

早い人は、30分ほどで試験を終え、退室。そして、後から後から、試験を終え、退室していく他のトレーニング受講生達。結局、残ったのは、私と先生だけになりました。

(日本語のテストだったら、かなりチャッチャッと、見直しもしないで済ませてしまうのですが、英語のテストは、かなり慎重に・・・です。)

自分で言うのも何ですが・・・ものすごーーーい集中力(Mental Focus)でした。

Mental Focus。(トレーニングで学んだことなのですが)ピラティスを行う上で、最も必要となるもの、だそうです。でも、どんなスポーツでも、最終的に必要となるものは、Mental Focus、なんですよね。

1時間かけて、テストを終了しました。先生、せっかくの日曜日だったんだから、早く帰りたかっただろうなあ・・・という申し訳ない気持ちでいっぱい。「待っていて下さって、本当にありがとうございました。」と、先生にテストを手渡しました。

「結果、すぐに分かりたいでしょう?採点しちゃいましょうね。」と、先生。

採点中は、答案用紙を覗き込みたいような、覗き込みたくないような・・・。



さて。結果。

・・・無事に、合格しましたーーー!

人間、集中力さえあれば、何でも出来るものですね。Mental Focus!


今日は、ぐっすり眠れそうです♪
[PR]

by kickpop | 2009-07-27 13:18 | お仕事