peace

ヨガレッスンに毎週必ず来て下さるおじいちゃんがいます。全体の動きの4分の1も出来ないんじゃないかな?それでも週に2回、必ず来て下さります。

(多分)カラダを動かすことが大好きなおじいちゃんは、毎日クラブに自転車で通い、ヨガだけじゃなくて、カーディオ系のレッスンにも顔を出されているみたい。

それでもお年のせいなのか、最近、忘れっぽくなったり、おトイレが近くなってきているのか(?)レッスンの途中で何度もおトイレに行かれるため、スタジオ内をウロウロ。時々、「チーン」なんて鼻をかんでしまったり、ボートポーズで足を上げた瞬間に「ブー」なんてことも(汗)。

おじいちゃんを出入り禁止にしてしまったヨガティーチャーもいるのですが、私にはそれはどうしても出来ず。でも、やっぱり、心とカラダをリラックスさせるために来て下さっている他の生徒さん達にはきっと迷惑だなあ、申し訳ないなあ、と思い、昨日、おじいちゃんの近くにいらした皆さんに謝りました。

不平不満を聞くのは覚悟の上、だったのですが、「邪魔されたり騒音が聞こえてきてもちゃんと自分のpeaceを見つけられるかのテストみたいなものだったから大丈夫だよ。そもそも、人生なんて騒音だらけで思い通りにいかないものじゃない?」なんて、逆にとっても有り難いお言葉をいただいちゃいました。

「静かで穏やかに暮らしたい」なんて人は思うものです(私もよくそう思います)。騒音や雑音のない、問題もなければ面倒なことは何もない、静かな落ち着いた場所で暮らせたらなあ、なんて思うものです。でも、どんな静かな場所にいても心がいつもざわざわしていたら、いつまでたってもpeaceを見つけられることは出来ません。外からの騒音もあれば、ツラくて大変なことがいっぱいの人生でも、いつも穏やかでいられる心、それが本当のpeaceなのかな・・・なんて、今回のことで思いました。

「気づき」を与えてもらえたおじいちゃんや生徒さん達に感謝。
[PR]

by kickpop | 2011-02-21 14:35 | お仕事