資格更新ラッシューーー!

秋は色々なCertification(資格)更新の時期なので忙しいです。でも義務づけられていることなので仕方ない・・・。訴訟大国アメリカ、自分の身を守るためには必要な事だし。

ここ1、2ヶ月で更新したCertificationと言えば・・・

- セクシャルハラスメント
- 幼児虐待

今週末はフィットネスセーフティーガイドラインとFirst Aid(応急処置法)のCertificationを更新するために土、日両日トレーニングを受けてきました。どちらも何度も更新しているのですが、毎回ち色々と新鮮な情報があってなかなか興味深いです。

フィットネスセーフティートレーニングで話題になったのは・・・なんと「耳栓」005.gif!コロラドでオープンし始めて間もない話題の大型フィットネスクラブLイフTイムFットネスのZンバクラスでは、超大音量の好きなイントラさんと生徒さんが多いため、大音量が苦手な人たちのためにレッスンの時に耳栓が配られるそうです(驚)。「大音量のせいで鼓膜が破れた!」という訴訟を防ぐ目的のようですが・・・何ともおかしな話です(でもどれだけ音量アップしてるんだろ・・・)。

First Aid(応急処置法)のトレーニングは3年に1度の更新なので、毎回いつも忘れていることが多くて042.gifとても勉強になります。今まではAmerican Redcross(アメリカ赤十字)のCertificationを持っていたのですが、今回はASHI(American Safety & Health Institue)のトレーニングを受け、資格を更新しました。団体が変わったせいかちょっと情報が違っていて(あ、忘れていただけかな・笑?)面白かったです(3時間弱のトレーニング、居眠りしちゃおうかな、なんて思ってたのですが、面白くて寝ている暇もありませんでした・笑)。

なるほど〜!だったことは・・・

- 歯が折れたら牛乳かゲーターレードにすぐにつける(牛乳は数時間、ゲーターレードなら30分から1時間くらいはOK)
- 体のどこかの部分が取れてしまったら、アイスボックスにすぐに入れる(でも直に氷につけてはいけない)
- 何か鋭利なものが体に刺さってしまった時は絶対に抜き取らない
- 目に何か鋭利なものが刺さってしまった時は、抜き取らず、刺さっていない方の目を包帯などを巻いて光が入らないようにする
- 心筋梗塞の発作の症状(女性や糖尿病患者の方の心筋梗塞の発作は背中の痛みから始まることが多いそうです)
- 脳梗塞の発作の見分け方(まず最初に微笑むことが出来るか、そして両手を上げられるかどうかを確認するそうで・・・)
- やけどの対処(ステージによって対処が違うんですね)
- 内臓が飛び出してしまうような怪我をした場合は、飛び出した内臓部分に濡らした清潔な布などを当てる
- 肺が破裂してしまうような怪我をした場合は(鋭利なものが刺さってしまった時)は横に寝かしてはいけない

・・・などなど!そうそう、コロラドにいる恐ろしい2種類の毒蜘蛛と、ロッキーマウンテン紅斑病やライム病などの恐ろしい病気の原因となるTick(ダニ)に刺された時の対処法なども学びました。

今日学んだスキル、永遠に使うことがありませんように・・・と祈るばかりですが、お守りですよね・・・忘れてしまわないよう、時々復習してみることにします。


トレーニングで忙しかった週末ですが、楽しいこともいっぱいでした。お家でミニパーティ、日本からのステキなお客様とボルダー観光、そしてブブの補習校のバザーなど。

秋晴れボルダー、キモチ良かったあ〜&紅葉もキレイでした。

Pearl Streetでこんな面白い「Kindness Bus」を見つけました。世界の平和を祈るため、バスにたくさんのメッセージが寄せられていました。

c0150224_12385543.jpg


まずはボルダー散策するはずが、いきなりハッピーアワー@Tan Tan(笑)。

c0150224_12394716.jpg


c0150224_1240941.jpg


その後はTea Houseでまったりティータイム。

c0150224_12403715.jpg


ご一緒させていただいた、さーぼさんママとオトモダチのCさん、Tさん、ありがとうございました。それにしても皆さん、本当にお若くてステキ053.gif目標にさせていただきます!またいつかお会い出来る日を楽しみにしています♪Have a safe trip back to Japan!!!


あ〜・・・週末終わっちゃった・・・
[PR]

by KICKPOP | 2011-10-24 12:45 | お仕事