Your story, Your life...

頭の中でストーリーを作ることって・・・よくありません?

「あー、体が硬くて嫌になる!」
「私の仕事ってサイテー!」
「私の結婚生活(恋愛関係)って何だか冴えないなー」
「ほんと、景気悪いよねー」

なーんて感じで、意外とネガティブストーリーが多かったりしません???そしてそこからストーリーを立証するための証拠集めが始まります。

でも、ストーリーを立証する証拠集めをする代わりに、前に進んで行けるような「未来のこと」を足してあげるとちょっと変わってきます。

「ストレッチやヨガをする度に体がどんどん柔らかくなっていく」
「今の仕事は次へのステップのために必要なもの」
「毎日、結婚相手(恋愛相手)の良い所を毎日ひとつずつ見つけていこう」
「今の景気は地に足をつけて生きて行くためには必要なプロセス」みたいに。


オーナーのPatrickに憧れて、いつかあんな風な素晴らしい先生になりたいと思い、何年も通い続けていたヨガスタジオ。そして、去年の秋からついに念願のPatrickが指導する200時間のホットヨガティーチャートレーニングを受けることが出来ました。

そんな憧れのPatrickから今月初めに「僕が今まで教えていたクラスを引き継いで教えてもらえないか?」というお仕事のオファーをいただいた時は、真っ先にこんなストーリーを作り始めていました。

「私なんか・・・きっとダメだ」

そこから証拠集めが始まりました。「だって、みんなすごい先生ばかりのスタジオだもの」「Patrickのクラスを引き継ぐなんて有り得ないでしょ」「私はそもそもフィットネスの人でヨガスタジオ向きじゃないんだ」・・・etc。

でも、そのストーリーに「未来のこと」を足してみることにしました。

「Patrickを始め、経験豊富な先生方から色んなことを学ぶため、自分の力を試してみるためにKindness Yogaで教えてみよう!」

不安はいっぱいですが、来週からPatrickが教えていたクラスを引き継ぎ、教え始めます。ホットヨガにご興味のある方、是非是非いらしてください。

毎週水曜日 5時15分〜6時15分のKinda-Hot Yoga @ Kindness Yoga Broadway Studioです。


「言葉(ストーリー)」は車みたいなもの。発する言葉が私達をどこかに連れていってくれるような気がします。今起こっていることだけを話していても、それは駐車場にいるようなもので、前には進んでいきません。「未来のこと」を話すことによって、自分の行きたい場所へ少しずつ近づいて行くんだと思います。

Your story, Your life...
[PR]

by KICKPOP | 2012-03-27 13:25 | お仕事