Jab, Cross, Hook, Upper! ~KICKPOPはフォームにうるさい~

私が、「Myキックボクシングクラス」で重点に置いていること。
もちろん、「楽しく格闘技エクササイズをしましょう♪」ということはとっても大切ですが・・・実はもっと大切に思うこと。それは「フォーム」です。

ジャブ
c0150224_6593666.jpg

ジャブはけん制や、タイミングを計るためのパンチ。素早くまっすぐ前に腕を出し、素早く引き戻す。二の腕引き締め効果あり!

クロス(ストレート)
c0150224_713528.jpg

腕の力だけではなく、足と腰の回転も使います。全身を使ったスピード&パワーのパンチ。これぞ決めのパンチ!

フック
c0150224_731725.jpg

相手の顔の横を狙って打ち込むパンチ。膝と腰と腕を同時に回して打ちます。ウエスト引き締め効果大!

レッスン中、「体重を移動する!」「わきをしめて!」「ひざを柔らかく!」・・・と、言った具合にKICKPOPレクチャーは永遠に続くのです(笑)。その甲斐あってか、私のレッスンを継続して受けて下さる生徒の方々のフォーム、カッコいいですよん♪

そもそも、私がどうしてカーディオキックボクシングのインストラクターになろうと思ったか・・・もっと、生徒さんにきちんとしたフォームを教えたいと思ったからです。カーディオキックボクシングインストラクターは星の数ほどいらっしゃいますが、フォームの説明をして下さった私のようなマニアックな先生はほとんどいらっしゃいませんでした(苦笑)。

きちんとしたフォームをレッスンで覚えれば、もしかしたら、万が一、という時のための自己防衛の技を身につけることが出来るのです。そして、正しいフォームは、何よりも怪我の防止につながるのです。間違ったフォーム(例えば、腰を曲げていたり、パンチの時に手首を曲げたていたり・・・)は、怪我の元。

私がキックボクシングインストラクターの資格を取ったISCA&Promises Enterprisesの代表のトーマスさんは、元々はプロのキックボクサー。私達インストラクターはフォームを基礎から学ばなければなりません。

楽しく格闘技エクササイズをして、体もフィット、そして、「強くなれる!」というオマケつき!格闘技フィットネスは、一石二鳥~なのであります!
[PR]

by kickpop | 2008-02-13 07:21 | お仕事