凹む

今日は、仕事でとても嫌なことがありました。とても悔しいこと。
頑張って反論したけれど、認めてもらえず。結局は私が間違っていました、とニコニコ笑って丸くおさめてしまった。そんな自分にも腹が立ち。家では威張っているけれど(苦笑)、外に出ると、本当に思っていることはあまり言えず、人の顔色ばかりうかがってしまう癖がなかなか抜けない、という情けない自分。思ったことは伝えるようにしなくちゃ。もっとしっかりしなくちゃ。もっと強くならなくちゃ。そして、「怒り」をきちんと消化できるようにならなくちゃ(←こっちの方がもっと課題。)

と、そんな凹んだ私のキモチを癒してくれるのは、星野富弘さんのこの優しい詩。

c0150224_933530.jpg


冬があり夏があり
昼と夜があり
晴れた日と雨の日があって
ひとつの花が咲くように
悲しみも苦しみもあって
私が私になっていく


今日は、ほんとに苦しかった。そして、今日は私にとっては雨の日だったのかもしれません。でも、こんな日があるからこそ、晴れの日(=嬉しいことがたくさんあった日)はもっと嬉しくなるのかもしれません。人生いろいろありますなあ~。

明日はきっといい日になるゾ☆凹んでなんかいられない☆
[PR]

by kickpop | 2008-04-24 09:42 | お仕事