カテゴリ:練習( 75 )

氣功ワークショップ

昨日のパーティの疲れがしっかり残っていましたが、今日は以前お世話になった氣功師/ヒーラーのDebra先生の氣功ワークショップに行ってきました。

c0150224_15111042.jpg


(Debra先生)

先生の人懐っこくてあったか〜い笑顔を久しぶりに見たら、気分が何だかほっとしました。周りにマインドワークをされている方はたくさんいますが、こういう風に側にいるだけで何だかあったかい気持ちになれる方はそうたくさんはいません。

最初は(昨日の緊張と疲れで)背中の上の方がコチコチだったのですが、最初の30分でだんだんとコチコチがほぐれていくのが分かりました。

その最初の30分間は、特に特別なことをしたわけではなく、瞑想、そして呼吸法のワークのみ。鼻からゆっくり息を吸いこみ、口からゆっくりゆっくり時間をかけて息を吐き出す(吸い込む時よりも長めに)「癒し呼吸」。頭で滞ってしまっている「氣」を、だんだん心に、そして丹田にと、少しずつ降ろしてくるような感じで呼吸をします。普段はもちろんのこと、イライラしている時、怒っている時、眠れない時などにはとても効果的な呼吸法です。

もう一つ面白い実験もしました。片足を前に、もう片方の足は後ろに引いてbow stance(fighting stance)で立ち、前に出ている側の腕を胸の高さにあげます。1度目は、心に嬉しいことやシアワセなこと~Joy~をイメージし、そのままの状態で、パートナーが上げている腕を下げようとするのですが、なかなか腕を下げることは出来ません。2度目は怒りやネガティブなことをイメージして、同じようにパートナーが腕を下げようとするのですが、指2本で軽く触れただけで下がってしまうのです。「Joy(喜び)の感情」がどれだけ人を強くするのか、そして「怒りなどのネガティブな感情」がどれだけ人をもろくしてしまうのかが分かる興味深い実験でした。

今日の氣功ワークにより、体の氣の流れがスムースになり、これから1週間はこの良い状態が続くそうです。良い1週間になりそうです♪
[PR]

by kickpop | 2011-01-31 15:12 | 練習

太極拳トレーニング再開

帰国早々ですが、早速、太極拳トレーニングを再開しました016.gif

4ヶ月のヨガトレーニング、そして日本への帰省・・・と大きなイベントごとが続いてていたため、この半年間、太極拳は「じっとガマンの子」でした。

久しぶりの太極拳・・・かなり精神統一出来ました。そして、終わった後はキモチがよかった。

もう何年も私が取り組んでいるのは、楊式太極拳(八十八式)。実は、今回、この八十八式、改めて最初の動きからトレーニングしてみることにしました。「起勢」(最初の動きです)を、先生と練習すること約30分。指先まで意識した小さな動き、呼吸、心の落ち着き、マーシャルアプリケーション・・・etc。どれ一つとして欠かせません。この最初の動きがそれから後の流れを作りますから。やっぱり太極拳は難しいし、そして奥が深い。完璧を求めれば求めるほど、その自分が描く理想から遠ざかっていくような。だから追いかけたくなるのかもしれません(苦笑)。学ぶことがたくさんあるなあ。


日本から帰ってきてここ数日間、なぜか・・・(太極拳だけじゃなくて)他にも私が励んでいるもの、自分のお仕事、色んなこと・・・私はまだまだ知らないことだらけだなあって感じてます。まるで子供が、大きな空を見上げて、この大きな空はどこまで続くのかなあ・・・なんて思っているような気分。可能性は無限大。


オマケは、ウチの裏庭のひな鳥ちゃんです☆

c0150224_13124429.jpg


お父さんお母さんから、巣立ちを強制されてしまったのでしょうか?ここ2、3日、ウチの裏庭でウロウロしています(まだ上手く飛べないようです)。

ひな鳥が見上げる空って、きっとすごく大きいんでしょうね。

c0150224_13134220.jpg


近くで写真を取っても平然としてるけど(汗)、猫やコヨーテに食べられちゃわないように気をつけるんだよ☆


そうそう、今月のGabby Gourmetさんウェブサイトでのコラムです。ご興味のある方、読んでみて下さ〜い(日本滞在中、必死に書き上げました!)
[PR]

by kickpop | 2010-08-03 13:23 | 練習

明日のビクトリー

忙しいのが重なるときって・・・重なりますよね。

今週は、Centergyのメンター業務がスタートしたり、YTTでは初のフルレッスン(2時間のレッスン)をしたり、今週末までにYTTの最終レポート(卒論のようなものです)を書き上げなければならなかったり、おまけに(苦笑)・・・日曜日は、黒帯二段の昇段テストもあります。

考えること、覚えること、動くこと・・・たくさんありますが、とりあえず、難しく考えすぎず(ものごとを難しくしてしまっているのって、実は自分自身だったりするような気がします。大抵のことは、本当はとてもシンプルです)、今日の私が出来る「目の前にある小さなこと」を、淡々とこなしていってます。

そして、今日淡々とこなした小さなことが、明日のビクトリー(=今日よりもちょっとだけ大きくなった自分)をつくります♪


c0150224_4415572.jpg


(↑ コチラは黒帯昇段試験の内容です)

試験の最後は、タイラー先生のリクエストにより、太極拳の型を披露して欲しい(披露というほどでもないのですが・・・汗)ということなので、なぜか・・・〆は太極拳の型(楊式太極拳:二十四式)です。

c0150224_4495485.jpg


(タイラー先生、どうぞお手柔らかに・笑)。


ではでは、最終調整、頑張ってきます。
[PR]

by kickpop | 2010-05-22 04:55 | 練習

Ready or Not...

YTTも残すところ、後4週間(50時間くらい)。これからはファイナル試験でもあるグループパブリックティーチングに向けてのチームメイトとの練習がメインとなります。

つい先ほど、チームメイトが発表になりました。どのチームも、ヴァータ、ピッタ、カパがバランス良くブレンドされていて、とってもいい感じ。私のチームは、建築家のおじさま(ヴァータ)と、いつもメラメラ燃えているマーシャルアーティストの私(ピッタ)と、もの静かで可愛らしい大学生のロシア人の女の子(カパ)。

さて、いよいよ、Ready or Not, ラストスパーーーーートです!


そして、母が聞いたら、「どうしてそんなに生き急ぐの?」なんてまた心配しそうですが、実は来週の日曜日には、黒帯二段の昇段試験を控えています(はい、本当にクレージーです・自分でもよーーーく分かっています。)

黒帯初段を取った時から3年が過ぎました。途中、体調が思わしくなく、自分自身のハードな練習から遠ざかった時期もありましたが、マーシャルアーツ指導者としての歩みを止めることはありませんでした。ゆっくりとマイペースで、練習も楽しんできました。

タイラー先生の「You are ready. 」というお言葉、そして、今回の試験は、黒帯初段ほどのハードさはなく、どちらかというと年数や指導実績を考慮してのセレモニー的試験ということもあり、体調を見ながら無理せずに試験を受ける、ということを決めました。

ビリー隊長から始まった(笑)私のマーシャルアーティスト人生も、今年で10年。黒帯二段取得は、節目の時期にふさわしいものかもしれません。

Ready or Not, I'm gonna try!
[PR]

by kickpop | 2010-05-13 13:47 | 練習

カラダは語る

誰かに何かを指導するということは、本当の自分に出会うこと・・・と、ずっと前に誰かに言われたことがあります。

メンタルの部分で言えば、今まで自分自身が気付いていなかった部分に気付いたり。自分で嫌だな、と思って隠している部分をさらけ出してしまうことになってしまったり。

フィジカルな部分では、自分の弱い部分、強い部分を発見したり。古傷がまた痛み出したり。

「私ってこんな人/カラダだったんだあ。」の発見の連続です。


実は・・・ある一大決心をして、今日からあることを始めました!・・・と、一大決心なんて大げさに言ってますが、決断力だけはあるので(もっと慎重になってちょうどいいくらいです・笑)、悩んだのはほんの数時間でしたが(笑)。

ずいぶん前から、自分のカラダでどうしても改善したいな、と思っていたことがあり、アイアンガーヨガティーチャー/ヨガセラピスト/マッサージセラピストのケビン先生の所へ、しばらくマンツーマンで、ヨガセラピー兼指導を受けに行くことにしました。

今日は軽くカウンセリング&ボディチェック。何年か前の怪我により失われてしまっている手首のフレキシビリティー、また長年悩まされている右肩&右首の痛みの原因などなど、短時間で私のカラダのことをどんどん言い当てていくケビン先生に・・・ただただ驚くばかり。その人の姿勢を見るだけで、どんな立ち方、座り方、歩き方をしているか、そして、大体、職業の検討までついてしまうんだそうです。また、舌を見たら、その人の食生活や体調も分かるそうです。

ケビン先生、「指導する立場の者は、とにかく目を鍛えることが大切だ。目の前にあるカラダが全てを語ってくれているんだから、それをすぐに見抜ける目を鍛えるんだよ。そして、どうしたらその人のカラダを強くしたり、癒してあげられるのか考えるんだ。」と、おっしゃっていました。

職人さんみたいだなあ、と思いました。そして私も、いつの日か、ケビン先生みたいな職人さんになれたらいいなあ、なんて思いました。まだまだ色々なことを模索中、勉強中の毎日ですが。

カラダは語る、です。

まずは自分自身のカラダから、強化&癒し、です!これから1週間は左肩強化週間!ドルフィンプッシュアップ、毎日頑張るぞ〜☆
[PR]

by kickpop | 2010-04-23 14:15 | 練習

Knock, Knock, Knock...

先週は、お仕事の合間を縫っては、ひたすら練習、練習、練習の毎日でした。

まずは木曜日。タイラー先生のお家道場でマーシャルアーツプラクティス。相変わらず、楽しく地道に続けています。が・・・先生からは黒帯二段への昇段試験を近々受けるように・・・と言われています(軽〜くプレッシャー・笑)。黒帯初段試験の時のように、ただただ体力と気力勝負の試験とは違い、次の試験では、何と言うか・・・インテリジェンス(深い知識)が求められます。どうしようかな。受けてみたいな。でも、忙しいし。う〜ん・・・悩ましい。

金曜日は、BTS Program Support Developmentを担当しているBTSトレーナーのNoelのCentergyマスタートレーニングに参加してきました。去年のトレーニング以来、初めて「生徒」になってのプラクティス。とっても新鮮!おかしかったのは、いつも自分が鏡になってレッスンをしているので、「右足出して下さい」っていうキューイングを聞くと、とっさに「左足」が出てしまう・・・ということ。というわけで、何回か足を出し間違えました(笑)。

マスタートレーニングが行われたのは、先月オープンしたばかりのColorado Athletic Club Tabor Center!師匠でもあり、同僚でもある私のお友達がグループエクササイズのコーディネーターをしています。マスタートレーニングを受けがてら、久しぶりにお友達とおしゃべり、そしてしっかり新しいクラブを見学してきました。

デンバーダウンタウンのど真ん中、16thモールの中にあります。

c0150224_13325222.jpg


(ランチタイムだったので、ジョギングしているビジネスマン&ウーマンもたくさん。さすが、全米ナンバーワンのヘルスコンシャスの州、コロラドです。)

吹き抜けの天井で、明るくて、とってもオープンな空間がステキです。

c0150224_1335174.jpg


c0150224_13353179.jpg


私のお友達、ボクシングレッスンをしていました。血、血が騒ぐ〜笑!早速、来週、レッスンを受けにくる約束をしました!

c0150224_13363711.jpg


そして、コチラはCentergyのトレーニング(始まる前)風景。

c0150224_13381736.jpg


スタジオやワークアウトセクション以外の受付、更衣室、スパ、カフェ、どこもとってもキレイでステキ!整備の整ったキレイな施設で体を動かすのって、何だかゴージャスな気分になれるし、また明日もここで頑張って運動しよう!ってキモチになれますよね(何事も形から入る私は特にそう感じるのかもしれません・笑)。

さて、同日(金曜日)の夜は、YTT (ヨガティーチャートレーニング)。アイアンガーヨガティーチャーのケビン先生のアライメントのクラスでした。あの手この手を使って、アジャストメント!

Before

c0150224_13435096.jpg


After

c0150224_13441830.jpg


二人掛かりでダウンドッグのアジャストメント!ポーズがとってもキレイになってビックリです。


マーシャルアーツ、センタジー、ヨガ・・・。練習をする度に、目の前に扉のようなものが現れて、「今日はどんな新しいことが起きるのかな。」ってワクワクしながら、その扉をノックしているような気がするんです。でも、扉がいつも必ず開くわけではなく、開いても何だかガッカリしてしまうだけの時もあり・・・。それでも、扉の向こうに必ずある新しいこと、新しい経験に出会うため、これからもずっと扉をノックし続けて(=練習し続ける)いこうと思います。

Knock, Knock, Knock...

今週も頑張ろうっと。
[PR]

by kickpop | 2010-04-19 13:57 | 練習

Spring Detox

週末は本当に忙しかったです。実は、Centergy Launchと、3日間で20時間のヨガリトリートがバッチリ重なっていました(汗)。

リトリートというと何だか楽しそうで聞こえはいいのですが・・・苦行です(苦笑)。

20時間の半分はアーサナ(ポーズ)。アイアンガーヨガの先生でもあり、マッサージセレピスト/ヨガセラピストでもあるケビン先生がみーーーっちり指導して下さいました。今までは、ビンヤサヨガ一辺倒だったので、私はてっきりフロウだけが好きで、厳しいアライメントのルールのあるアイアンガーヨガは苦手かも・・・なんて思っていたのですが、常に完璧なアライメントを求める指導の意味、そしてプロップを駆使してのアジャストメントのテクニックにかなり納得、意外や意外、アイアンガーヨガにかなり興味を持ってしまいました。

その他、バクティヨガで楽しく楽器を弾いて歌ったり、夕暮れ時には、カルマヨガも初体験。キールタン(インドの賛美歌のようなものでしょうか)の音色とチャンティングとともに太陽礼拝1時間。終わった後の屍のポーズでは、屍となっていました(起きた時に、寝ぼけてしまい、自分が一体どこにいるのだか分からなくなってました・笑)。

そして、一番の苦行は、3時間の瞑想・・・でした。もともと、じっとしているのが苦手なので、瞑想中、雑念が浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・。あげくの果てには、何度も居眠りをしてはとび起きる、というお粗末さ(思いっきり船漕いでました・汗)。お寺だったら、和尚さんにバチで叩かれていますよね(苦笑)。瞑想・・・ああ、永遠の修行です。

・・・と、色々ありましたが、終わってみれば体はちょっとスッキリ、春のプチデトックスになった・・・と言った感じでしょうか?お陰さまで(?)、今朝の月曜朝一キックボクシングでは「全開」でした(笑)。生徒さんたちと、いっぱいいっぱい、飛び跳ねて、蹴って、パンチして、走って・・・とにかく楽しかったです。

春のデトックス・・・と言えば、我が家のハニー、「体」改造中です。1週間前から、砂糖抜きしてます(パンやパスタなどは普通に食べて、嗜好品の砂糖を一切取らないようにしています)。1週間前までは、1日にコーラやドクターペッパー・・・などお砂糖たっぷりの炭酸飲料をお水代わりにがぶ飲み、スニッカーズバーは1日2本くらいペロリと平らげる(多分、嗜好品から軽〜く200〜300グラムの砂糖を1日に摂取していたのではないでしょうか)・・・という恐ろしい生活を送っていましたから、最初の数日はかなりキツそうでした・・・が、だんだん慣れてきたようです。今年の夏は、久しぶりの日本への帰国があるので、頑張っているのかもしれません(日本行きをエサに、ちょっとハッパをかけたら、すぐに乗ってきました。結構、単純・笑)。

ということで、ディナーもヘルシーにお魚で。ティラピアをフライパンで焦げ目をつける程度に焼いた後、オーブンで少々焼き、タマネギ、ガーリック、トマト、オリーブ、ワイン、レモン、オリーブオイルで作ったソースをかけました。

c0150224_1245588.jpg


どうしてもお腹が空いた時は、手作りのトレイルミックス(ドライフルーツ、ナッツ、種を混ぜただけですが・笑)。

c0150224_12471542.jpg


1週間弱で、すでに−1.5キロの減量に成功!です。さて、いつまで続くのでしょうか、Spring Detox(あっさり、「もう、辞〜めた」なんて言い出しますから・笑)。
[PR]

by kickpop | 2010-04-13 12:53 | 練習

一枚の絵

今日は1ヶ月ぶりのデッサンレッスン!

初めての「自分が実際に知っている人」の肖像画を描くレッスンでした。持って行ったのは、ブブの去年のクリスマスカード用の写真。実際に知っている人の顔を描くって、思っていた以上に難しいものですね。我が子となると、「可愛く描いてあげなくちゃ・・・」って言う軽いプレッシャーも(笑)?

出来上がりは、ブブというよりも、「ハニー?(似てますもんね)」、「ん?ゴリラ・・・汗?」でした(笑)。また再度トライしてみます。

だんだん、真っ白だったスケッチブックが、私の描いた絵でいっぱいになってきて、ちょっとだけ嬉しい気分。

下手くそな絵ですが、こうやって、1枚1枚、描き続けていくことが大切。小さなことでも、ひとつひとつのことを少しずつ積み上げて行くことが大切。薄っぺらな1枚の紙も、積み重ねれば、分厚い本になります。


頑張って絵を描いた後は、美味しいものを食べに@Pesce Fresco Bistro。夜はちょっとお高めなんですが、最近、また平日ランチを復活したようなので、早速行ってまいりました!

$10で、サラダ、またはスープ、日替わりのメイン、ドリンクがついてくるという、なかなかお得なランチセットがあります。

ドレッシングがとても美味しかったグリーンサラダ

c0150224_912814.jpg


チキンとワイルドライスのスープ

c0150224_935067.jpg


トマトの味が濃厚で美味しかったペンネのボロネーゼ

c0150224_95635.jpg


チキンに軽くソテーしたアスパラガスとアーティチョーク。手打ちのほうれん草フィットチーネが添えてありました。爽やかな味で美味。

c0150224_97889.jpg


デザートに、ティラミスを暖かいコーヒーといただきました。後から知ったのですが、ベーカリーを担当しているのは、Auroraにある「Daniel's of Paris」の元パティシエさんのようです。

c0150224_981364.jpg


目立たない奥まった所にある小さなイタリアンレストラン。知る人ぞ知る?また来ようっと♪
[PR]

by kickpop | 2010-02-24 09:19 | 練習

2度目

私って・・・何事も2度目で上手くいくタイプのようです。1度目は、ついつい、勢いがつき過ぎてしまったり、逆にためらってしまったり。2度目は、1度目でなぜ上手くいかなかったのかを自分なりに分析して、修正をします。そして、もう一度、トライ。だから、ほとんどのことが、2度目で上手く行きます。

全米ヨガアライアンス(200時間のトレーニング)もそうかもしれません。2008年の夏にYOGAFITというカンパニーを通して始めたトレーニングでしたが、トレーニングを受けていくうちに、何となく自分の求めているスタイルとは違うな、また、ローカルカンパニーでないという不便さや、金銭的負担の大きさ、時期やタイミングなど・・・あらゆる歯車が上手くまわらなくなってきているな、と感じ始め、トレーニングの3分の1くらいを終了した時点で、ストップしてしまいました。トレーニングを始める前に、もうちょっと慎重にリサーチするべきでした。

何となく宙ぶらりんになってしまっていたトレーニング。去年は、改めて、どうして自分がトレーニングを受けたいのか、自分が勉強し続けていきたいと思うヨガのスタイルは何だろう、それほど無理をせずに受けられるトレーニングはないものか、と、自分の進みたい道のようなものを探していました。でも、心の片隅にいつもあったのは、「Right Timing(自分にとって丁度いいタイミング)」が来れば、きっといい出会いがあるんだろうな・・・ということ。

そして・・・幸運にも、とってもいい出会いがありました。支払わなければいけない最低額は設定されていますが、デンバーで唯一のドネーションベースのヨガティーチャートレーニングAXIS YOGA。誰にでもヨガティーチャートレーニングの門戸は開かれるべきだと信じるディレクターのDerikが、200時間のトレーニングをコーディネートしています。アサナだけではなく、瞑想やチャンティング、ライフスタイル、などもしっかりとカバーされているカリキュラムです。

去年の秋に、アプリケーションとエッセーを提出し、無事に受理され(15人という少人数制のトレーニングのためか、選考があります)、つい先日、振込を済ませました。そう、先日ブログに書いた「私の小さな夢」は、このヨガティーチャートレーニングのことです。

約10日後にトレーニングスタートを控えた今日は、オープンハウス(オリエンテーション)でした。コチラ(↓)の可愛い教会と、ここから数分離れたHealing Center(マッサージ、針、漢方、ヒーラーさん・・・など、とってもHollyなビジネスを営んでいる皆さんが集まるオフィスビルです)の2つのロケーションでトレーニングが行われます。

c0150224_13515528.jpg


・・・お恥ずかしいのですが、いきなり初日から場所を間違え(↑この教会ではありませんでした)、30分も遅刻してしまったという相変わらずのおっちょこちょいです(汗)。早めに着いて、流暢に写真撮影、でもいつになっても誰も現れる様子なし。「みんな雪だから遅刻しているんだな。」なんて思っていた私はかなりの阿呆です(大汗)。2度目は間違えないよう、気をつけます(苦笑)。


1度目で上手くいかなかったからと言って、諦めてしまうことはないですよ。1度目の失敗を活かし(コレはポイント!)、2度(3度、4度、5度・・・)と、チャレンジし続けてみて下さい。私も頑張ります053.gif
[PR]

by kickpop | 2010-02-21 14:04 | 練習

Chiaroscuro(キアロスクーロ)

Chiaroscuro(キアロスクーロ)・・・とは?

イタリア語で、明と暗、または、光と影、美術では、明暗のコントラスト(対比)を指す言葉で、それを用いた技法が「明暗法(めいあんほう)」「陰影法(いんえいほう)」です。 〜Wikipediaより

Chiaroscuro(キアロスクーロ)は、ラファエロ、レオナルド・ダ・ビンチなども使った描法です。光によって、明暗が漸次的変化(グラデーション)して、人物に量感を与え、明るい人物と暗い背景との間に強烈な明暗のコントラストを表現することが出来ます。

別に見せる必要もないと思うのですが(ご迷惑?笑)・・・今日の私の作品です♪

c0150224_645376.jpg


(雑誌で見つけたキレイな女の人を書きました。結局、写真の女性とは、似ても似つかない絵になってしまいました。笑)

そう、今日は、Chiaroscuro(キアロスクーロ)を使った描法を教えていただきました。最初に、持参した写真の明暗をじっくりと観察しました。どこから光が当たり、どこの部分が一番明るくて、どこが一番ダークなのか。中間の明るさはどこか。観察後、軽くデッサンをし、パステルで描いていきます。ディテールワークにはこだわらず、とにかく絵の中に、光と影をつけ、人物を表現するのが課題でした。

じっくり観察して、光と影のコントラストを見つける、というコンセプトは、写真を撮ることにも十分利用出来るテクニックです。一石二鳥!

影があるからこそ、光がより美しいものに見える。光があるからこそ、影が生きてくる、なんですよね。また、影や暗って、ネガティブなものにとらわれがちですが、影がなければ光は存在しません。影の努力、なんて言葉がありますが、私たちの毎日も、影の努力を続けてこそ、光(自分自身で納得出来る成功や結果)が引き立つのではないでしょうか。

ああ・・・芸術って、奥深いなあ。

さっ!今週もあと少し!ファイト053.gif
[PR]

by kickpop | 2010-01-23 07:05 | 練習