カテゴリ:動物( 38 )

シーザー・ミラン ショー♥

ちょうど1週間前のことですが、カリスマドッグトレーナー、シーザー・ミランのトークショーにお友達と行ってきましたあ > _<


c0150224_13195966.jpg


日本でもシーザーの犬の調教ドキュメント番組「Dog Whisper」は放送されているようですね♪(こちらではDog Whisperは終了してしまいましたが、新しい番組が始まっています)。


ステージには、毎回エピソードに登場している愛犬ジュニア(ピットブル)とポメラニアン(名前を忘れてしまいました)も登場でした。テレビでは見られないシーザーの面白さ爆発のショー(シーザー、芸人さん並みに面白いっ!)に2時間笑いっぱなし!


そして、番組同様「困ったちゃんワンコ」達がステージに登場し、シーザーが上手に調教していく様子は本当にお見事でした。甘やかすばかりの愛情ではなく、犬達を思うからこその厳しさも愛情のうち・・・動物を育てるのって子育てによく似ています。


シーザー、私生活では色々とあるようですが(人って有名になると変わってしまうのかな〜)、生シーザーに会えて良かった♥  


コチラは我が家のシーザー(笑)です。


c0150224_13213592.jpg


[PR]

by KICKPOP | 2014-04-05 13:26 | 動物

ありがとう、ベンちゃん。

ちょうど1週間前の2013年12月6日、11年間と半年という長い時間を一緒に過ごした我が家の愛犬ベンちゃんが天国へと旅立っていきました。アメリカに来てからのほとんどの時間はベンちゃんと一緒でした。

c0150224_1474875.jpg


非常に稀な皮膚癌を患っていたため、これと言った確実な治療法がなく症状が出るたびに応急処置的な治療しかしてあげられなかったのですが、亡くなる日の2週間くらいまでは短いお散歩であれば自分の足で歩くことも出来ました。最後はほとんど食べることも出来なくなってしまいましたが、息を引き取る直前まで牛ヒレステーキだけは美味しそうに食べていました。

小さい頃からひなたぼっこが大好きなおっとり屋で大人しい、ちょっと頑固な優しいワンコでした。厳しいハニーには絶対服従し、ベンちゃんにデレデレだった私に対しては甘えん坊さんで、ブブのことはまるで妹扱い、でした。でも、よっぽど妹が心配だったのでしょう、亡くなる直前まで、ブブの顔を一生懸命なめていました。「僕は大丈夫だからね、泣かなくていいんだよ。」って言っていたんだと思います。べんちゃんは私達家族の一員でした。

c0150224_1472765.jpg


もしも願いが叶うなら、ベンちゃんと一緒に過ごした11年間半をもう一度やり直し出来たらいいのになあって思います。やり残したことや後悔していることがあるのではなく、純粋に楽しかったベンちゃんとの時間をまたやり直せたらいいのになって思うんです。楽しい時間って、あっという間に過ぎてしまうものですね。

元気になって今頃天国で走り回っているベンちゃんへ。会えて本当に良かった。ありがとうの気持ちでいっぱいだよ。

c0150224_141036100.jpg

[PR]

by KICKPOP | 2013-12-14 14:10 | 動物

Ben ちゃんのこと。

大きく深呼吸しながら今日のブログを書いてます。

日本から戻ってきてから2ヶ月間。ちょっぴり憂鬱で悲しい日々が続いていました。ベンちゃんの体調があまり思わしくないのです。

3回の血液検査、数回にわたるドクターの触診/診察、ベンちゃんの症状・・・などから、かなりの確率でとても稀な皮膚癌の疑いがあります、と言われました。非常に珍しい癌なのでドクターも治療を実際にしたことは今までになく、抗癌剤治療は手探り状態になること、抗癌剤治療を望まないのであれば痛みや苦しみを取るだけの治療をして余命は6ヶ月くらいかもしれないという診断でした。告知を受けたときはあまりのショックに最初は何も感じられないくらいでした。

家族みんなで話し合い、ベンちゃんの年齢も考えて(11歳)、抗癌剤の副作用で辛い思いをさせるのは可哀想だからやめておこう、でも生きている間はなるべく痛みのない穏やかな生活をさせてあげよう、という結論に辿り着いたのですが、どうしても癌の進行や状態を知っておきたかったので、2度にわたりレントゲン写真を撮ってもらいました。

レントゲン検査の結果はまるで奇跡でした。写真には癌の影が写っていない、というのです。それでも、血液検査の値や症状が続いていることから、可能性は低いけれどライム病の疑いもなきにしもあらずということで抗生物質を飲んで様子を見ることになりました。

まだ症状は続いていますが(日によってまちまち)、食欲もあるし、短いお散歩ならまだ行けるし、老犬ベンちゃんにそれ以上のことを望んではいけないのかもしれません。ずっと一緒にいて欲しいな、なんて願ってもそれって不可能なことだし、それを願うがために辛い治療を施すのは人間のエゴ以外のなにものでもないし。一緒にいられる時間は限られていて、だったら一緒にいられる今の時間を大切にして、そして一緒にいられる今、たくさん愛情を注いであげよう・・・そんな風に、悲しいかな、ちょっとベンちゃんとのお別れの日に向けて心の準備というか覚悟のようなものが出来たような気がします。

命って儚い・・・です。だからこそ、いつも当たり前のようにいてくれる大切なペット、家族、友達たちの存在と共有出来る時間に感謝しなくちゃ、と思いました。

近すぎる幸せは見えにくい 〜カール・ベンツ

いつも一緒にてくれてありがとうね、ベンちゃん053.gif
[PR]

by KICKPOP | 2013-09-05 06:07 | 動物

くうちゃん、オトナに・・・

時差ボケがなかなか治らない日々が続いております。今朝はブブは3時半、私は5時ちょっと前に起きました。早起きは苦手なのですが、時差ボケのおかげで早起きライフを満喫しています。朝陽が上る時間にコーヒーを飲みながら仕事のメールをチェックして、それからベンちゃんをお散歩に連れていったり・・・なんて。ああ、なんて清々しい〜!

1ヶ月間家を空けたせいか、ベンちゃんはより一層甘えん坊になり(毎晩ひとりぼっちで居間で寝ていたようです)、そしてインコのくうの様子がちょっと変(おーい、ハニー、なんで気付かなかったんだよお)!くちばしの上に大きな塊が2つ出来て(まるで腫瘍が出来たかのよう)、う○ちが巨大化!ネットで症状を調べてみたら、メスが卵を産む準備をする時の現象、と!普段野菜からカルシウムを摂っていないと卵を産むことにより死んでしまう恐れがある、とも!慌てて獣医さんに連れていきました。

獣医さんって一般的にみーんな優しいんですが、小動物系の獣医さんはもっと優しい気がします♥獣医さん、暴れん坊のくうを優しく診察して下さいました。どうやらくちばしの上の塊はメスの鳥には非常に多いものだそうで(ホルモンによるもの)全く心配なく、骨盤も開いていないので卵を産もうとしているわけではない、とのことでした(メスは年に平均で6〜8個くらい卵を産むそうですが)。インコはとても頑固な鳥で好きなものしか食べないそうですが(きっとハニーは前世はインコだったに違いない)、なるべく新鮮な野菜を上げてあげるとカルシウムが摂取出来ていいでしょう、と、とりあえずはカルシウムが入ったトリートをいただき帰ってきました。何はともあれ・・・くうちゃん、オトナになってきたのね。

c0150224_4455636.jpg


それにしても、1ヶ月も家を空けると庭の芝生がすっかり枯れていたり、ペットの様子がおかしくなっていたり、と色々あるものです021.gif
[PR]

by KICKPOP | 2013-07-11 04:47 | 動物

Happy Birthday, Ben ~11歳 ~

Happy Birthday, Ben!

c0150224_1162784.jpg


5月26日はBenちゃんの11歳のお誕生日でした☆

小型犬の11歳は人間の年齢にすると・・・60歳!還暦です(驚)!還暦のお祝いはワンちゃんカップケーキ(キャロットケーキ)とレバー風味のアイスクリーム型クッキー♥

c0150224_1165512.jpg


可愛いガールフレンド達も一緒にお祝いしてくれました。かわいこちゃん達の飼い主さんのティルやんさんが3週間お留守なので我が家でお預かりしています。

c0150224_1164825.jpg


若い頃みたいにもう無理は出来ないけれど(それは私も一緒・苦笑)、元気で長生きしてね、Benちゃん♥
[PR]

by KICKPOP | 2013-05-28 01:17 | 動物

さよなら、チャーリー

クライアントさんのワンちゃん(エアデール)、チャーリーが今朝、息を引き取りました。12歳でした。

チャーリーはいつもクライアントさんと一緒。もちろん週に1回のヨガのプライベートセッションの時も一緒。いたずらっ子だったので、セッション中にじっとしていられなくて、いつも叱られてました。

c0150224_13435261.jpg


クライアントさんが旅行中の時、我が家で1週間お留守番していたことがあるんですが、寂しがりやのチャーリーはおトイレまでくっついてきたほど。可愛かったな。

「Charlie the Center of the Universe」なんてニックネームがついていたほど自由奔放にのびのびと生きていたチャーリーは、たくさんの人に愛された犬でした。

c0150224_13441777.jpg


最後の数ヶ月、癌と戦っていたのですが、最期は抗癌剤の副作用に勝てなかったのか、それとも抗癌剤が癌をやっつけられなかったのか・・・。でもきっと痛みから開放された今は天国で元気に走り回っているはず。

「僕がいなくなったからって悲しまなくてもいいんだよ。笑ってよ、僕達出逢えたんだからさ。」

きっと天国で悲しんでる私達にそう語りかけてくれていることでしょう。

さよなら、チャーリー。たくさんの思い出をありがとう。

c0150224_13445873.jpg


Don't cry because it's over, Smile because it happened.
-Dr. Seuss
[PR]

by KICKPOP | 2012-11-29 13:43 | 動物

Happy Birthday, Ben ~10歳 ~ & Welcome, Qoo!

ベンちゃん、お誕生日おめでとう〜♥

c0150224_12271257.jpg


なんと、今年で10歳です(最近メタボですが、一応小型犬なので、人間の年齢では56歳。熟年ですな〜・・・)。

今年はたまたまエアデールのチャーリーを預かっているので、ケーキ&クッキーで一緒にお祝い♪

c0150224_122832100.jpg


(バースデークッキーと、カップケーキ、キャロットケーキの盛り合わせです♥)

c0150224_1231233.jpg


このチャーリー、かなり面白い。大型犬なのに愛玩犬。ヒップリプレイスメントしていてあまりよく歩けないのに、1日中一緒にオモチャで遊んで欲しいとおねだり。で、元チャンピオン犬(数々のドックショーのアジりティー部門で優勝しています)。

c0150224_12295847.jpg


チャンピオンの風格(面影?)・・・あり・笑?

大型犬はちょっと苦手なベンちゃん、迷惑そうにずっと逃げ回っています・笑。

c0150224_1230646.jpg


10歳かあ。あとどれくらい一緒にいられるんだろう?人間は「優しさ」をじっくり学ぶために神様から長い人生を与えられているけれど、犬達は生まれた時から「優しさ」を持っているので、人生が短いそうな・・・。ほんとにその通りだな。私達家族はベンちゃんにたくさんたくさん癒されてます♥元気で長生きしてね、ベンちゃん♥


そして、嬉しさはダブル!今日、インコのクーが我が家にやってきました♪

性格、かなりおっとりさん。人間大好き。ぽっちゃりしていて、うっすらとブルーの入ったフワフワの白い羽!もう、可愛くて仕方がありません(ずっと肩に乗せてます)。

c0150224_12344064.jpg


ハル(この子はかーなーり気が強い・汗)、優しくしてあげてね。

c0150224_12354083.jpg


この後、ハルのひどい「クーちゃんイジメ」がありました・汗。

c0150224_12364168.jpg


☆オマケの写真☆ハニーとブブで作ったインコ達の遊び場。

c0150224_1237667.jpg


Happy Birthday, Ben & Welcome, Qoo!
[PR]

by KICKPOP | 2012-05-26 12:38 | 動物

くう〜ちゃん♥

ゆっくりするはずだったんですが、色々と立て込んでしまい(YTT卒業のためのプレゼン資料を作ったり、単発の楽しいお仕事が入ったり、お世話になっている同僚イントラさんが緊急手術をすることになり、彼のレッスンの代行をしたり・・・と、忙しくしています)、ブログの更新が滞っています。でも元気でやっていますのでご安心を〜(あ、別に心配してませんよえ・笑)。書きたいこともたくさんあるので、後ほどゆっくり更新します♪

今日はさくっと我が家の新しい家族の紹介をさせていただきます♥

ピピが亡くなった後、家族みんな(特にハル←もう1羽のインコです)悲しみに暮れ、次のインコを飼うまではまだまだ時間がかかるだろうな・・・なんて思っていたんですが、待ちきれずに新しいインコを飼ってしまいました。

1ヶ月ほど前に、ハルを買ったブリーダーさんから購入しました。

パステルカラーの可愛いインコです(↓は1ヶ月ほど前の写真です)

c0150224_1335100.jpg


名前はくう〜ちゃん♥(空の雲みたいに白いので、「空」と書いて「くう」ちゃんと読む・・・ブブが付けた可愛い名前です)。

c0150224_1333624.jpg


くう〜ちゃん、食欲旺盛、元気モリモリの暴れん坊の女の子で、すでにハルより1周りも2周りも大きいんです。噛まれると痛い、痛い。

c0150224_1341355.jpg


あと2週間くらいで家に連れて帰れるようなので、しばらくブリーダーさん通いをして、しっかりしつけをせねば!です。

早くハルに会わせてあげたいな♥

c0150224_1345893.jpg

[PR]

by KICKPOP | 2012-04-25 13:06 | 動物

R.I.P.

’作り笑顔’ってあんまり良い言葉じゃないのかもしれないけれど、元気がない時、悲しいことがあった時、作り笑顔をしていると大抵は元気になれるので、いつもおっきな作り笑顔をして自分を元気にする。でも、今日は作り笑顔を作ろうと思っているのに、笑顔がゆがんでしまって大変だった。

5年間大事に育てたインコのピピが死んでしまいました。いずれはハルと結婚してパパになってもらいたかったのにな。日中、一人で家にいる時、ピピの優しいさえずり声を聞くのが大好きだったのにな。ハルも寂しいのかな、もう鳴かなくなっちゃったよ。最後に大好きなトリートを上げておけばよかった。サンタさんにもらったお城みたいなケージも寂しそう。見るだけで悲しくなっちゃうよ。

c0150224_781499.jpg


ピピ、ありがとう。今頃、天国で自由に飛び回っているのかな。

We'll miss you.
[PR]

by KICKPOP | 2012-03-22 07:11 | 動物

ハールよ来い、はーやく来い♪

インコのハル、順調に大きくなってます♪

2週間くらい前はこんな感じだったのに・・・

c0150224_8321631.jpg


c0150224_833763.jpg


どんどん大きくなっちゃって、ブブと一緒!!!つい最近背を抜かれたと思っていたのに、気付けばもう160センチ近くになっているブブの身長・・・恐。私だけじゃなくて、ばあばもよーこおばちゃまも多分抜いちゃったかも・・・

c0150224_8345056.jpg


c0150224_8353778.jpg


あ、話はそれましたが、ハル、今はこんな感じです。可愛くて人懐っこくてずっと遊んでいたい♥

c0150224_837135.jpg


c0150224_8371886.jpg


まだ家には連れて帰れないので(再来週くらいには来られるかな?)、週に3回通ってます。

でも・・・ちゃんとインコの習性、調べておけばよかった、、、

手乗りインコと手乗りではないインコは一緒のケージに入れない方が良いそうで。インコにとって興味の対象になる人(or動物)って、たった一人(一羽)なので、手乗りじゃないインコと一緒のケージに入れてしまうと、飼い主よりもケージに一緒にいるその手乗りじゃないインコに興味の対象が移ってしまい、あまり人の手や肩に乗ることに興味を持たなくなってしまうそうです。

そして、推定年齢5歳以上のピピ、お父さんになるには高齢過ぎるということも分かりました。人間の男性は年を取っても子供を持てるけれど、鳥は違うみたいです、、、サンタさんに届けていただいたケージでインコ一家を育てるという夢はあっという間に消え去ってしまいました。

サンタさん、ゴメンナサイ007.gif


ハールよ来い、はーやく来い〜♪

あ、コチラ↓は、お店にいつもいるオウムさん達。ひくーい声で、「ハロー」ってご挨拶してくれます・笑。ハルもおしゃべり出来るようになるといいな。

c0150224_8405561.jpg


c0150224_8411774.jpg

[PR]

by KICKPOP | 2012-01-22 08:44 | 動物