カテゴリ:サービスドッグパピーレイジング( 6 )

Obie 初スイミング??

「有り余るエネルギーを発散するためにスイミングに連れていったらどう?」とオービー専属?ドッグトレーナーさんからアドバイスを受け、先週末、オービー、初のスイミングに行ってきました。

水かきもあるし、泳ぎの上手な(はずの)犬種なので、さぞかし泳ぎが上手だろうと期待していたのですが・・・

水が怖くて仕方がない様子、、、

c0150224_1422128.jpg


無理やり飛び込ませてトラウマになるといけないので、見守りましょう、とのこと・・・

プライベートレッスンのはずだったのですが、あまりに水を怖がるので、遂に助っ人(犬)登場(水泳コーチさんのワンコちゃん)。

c0150224_1425768.jpg


他のワンコと遊ぶのが大好きなオービー、プールサイドから「早く出てこい」としばらく吠えていたら・・・

c0150224_1432792.jpg


なんと誤ってプールに転落。

c0150224_1434753.jpg


犬かきってこういう感じなんですね。溺れながら必死にプールサイドまでたどり着き、トレーナーさんに助けられました。

その後はちょこっとずつ浅いプールに入っていくようになりましたが、まだまだ水が怖いみたいです。

c0150224_1441810.jpg


私もそうだったよ、オービー(水が大嫌いで毎年夏のプールが憂鬱で憂鬱で仕方がなかったなあ)。
ちょっとずつ慣れていこうね。

c0150224_1444329.jpg


それにしても、プールといい、サービス犬トレーニングといい、なかなか思うようにはいかないものです。ドッグトレーナーさんから、オービーにとってトレーニングがストレスになっているようで可哀想で仕方がない、しばらくトレーニングはお休みして、犬らしい生活をさせてあげましょう・・・ということになりました。

残念なような嬉しいような・・・複雑な気分です。。。
[PR]

by KICKPOP | 2015-01-24 14:05 | サービスドッグパピーレイジング

Happy Birthday, オービー♪ 

昨日、10月29日はオビ助の1歳のお誕生日でした。

c0150224_1135110.jpg


お誕生日おめでとう〜!家族全員ひどい風邪にやられちゃってるけど、キミだけ元気だねっ。

c0150224_1141542.jpg


っていうか、ベンちゃんのお下がりのバースデーハットが妙に似合わなくて笑える。天国のSt.Benもきっと笑ってるな。

c0150224_1174515.jpg


ワンコ用クッキーでお祝いしました??食べるのが大好きなオービー、すごい勢いでかぶりついてました。


去年の暮れにベンちゃんを亡くして悲しみに暮れていた我が家に、ひょこっと現れた(ような感じだった)オービー。運命みたいなものを感じたよ。いたずらっ子で、暴れん坊で、食いしん坊で、お行儀が悪くて、甘えん坊で、やきもち焼きで、逃げ足が速くて、何をやってもカッコ悪くて、そしてものすごく優しくて。たくさんの喜びと笑いと愛情を、私たち家族に与えてくれるワンコです。

一緒にいられる時間はあと1年くらいかな?もうしばらくよろしくね。
[PR]

by KICKPOP | 2014-10-31 11:11 | サービスドッグパピーレイジング

去勢手術

1週間ほど前のことになりますが、オービーが去勢手術をしました。

c0150224_6271995.jpg


最近は男の子の去勢手術は生後半年くらいではなく、9、10ヶ月後以降まで待った方がいいと(何か必要なホルモンが出るそうで)言われているようで、10ヶ月のお誕生日を待ってからの手術となりました。

1晩入院して、家に帰った時は別人(犬)かと思うほどのおとなしさ。

エリザベスカラーをして弱々しく歩く姿や点滴のために毛を剃られた前足を見ていると痛々しいんですが・・・

c0150224_6272181.jpg


後ろ姿は何となく食虫植物のようで・・・

c0150224_6285592.jpg


でも、やっぱり笑ってしまう・・・(ゴメン、オービー)。

あちらこちらにぶつかりながら歩いていました。


さすが若いと回復が早いですね。傷口もすっかり良くなり、エリザベスカラーも外し、元気いっぱい走り回っています♪

無事に手術が終わって良かった良かった。
[PR]

by KICKPOP | 2014-08-29 06:32 | サービスドッグパピーレイジング

無茶男

今日から一徹さんとブブ、州大会遠征へと出かけていきました〜!

c0150224_13533672.jpg


(今回は白のユニフォームです。それにしても、どうしてこう何度もユニフォームを作り替えるのでしょう。勿体ないな〜。)

頑張れ〜、一徹さん&ブブ!そして遠征先の明日の最高気温は42度。ブブが前回のように熱中症で倒れるなんてことがありませんように(祈)。一徹さん、よろしくお願いします。

さてさて、2人のいない4日間は1人で羽を伸ばすぞ〜!なんてずっと楽しみにしていたんですが・・・何と間の悪いことか!暴れん坊で無茶ばかりするオービーが肘を怪我をしてしまい、痛み止めと炎症止めを飲んで2週間の安静を獣医さんから言い渡されてしまいました。折角のプチ独身ライフはオービーの看病で地味〜に終わってしまいそうです(涙)。

骨が折れていたり、関節の病気ではなさそうなので、とりあえずほっとしているのですが、この暴れん坊をどうやって安静にさせたらいいのやら・・・と、途方に暮れてます(階段は7、8段くらいは楽々ジャンプ〜・・・なのです)。自由に動けずお散歩にも行けずイライラはマックスのようで、とんでもないイタズラばかりしています・・・。はあ〜。

c0150224_13555758.jpg

[PR]

by KICKPOP | 2014-07-11 13:58 | サービスドッグパピーレイジング

Positive Reinforcement (正の強化)

オービーがきて1週間が過ぎました。振り回されっぱなしの毎日です。子犬って大変〜。介助犬を育てるのって大変〜。

イタズラや失敗しても叱ったりNoと言ってはいけない、飛びついてきても押したり叩いたりしない、その代わりに背を向ける、心が落ち着くまで少し待たせる、等の罰を与える、というPositive Reinforcementというトレーニングメソッドでのオービーのしつけ・・・大変です。Noはダメでも日本語でダメ!とかコラ!はオッケー?なんて感じで、一徹さん(ここでも一徹さんになってしまいました〜)に内緒でたま〜にズルしてますが(汗)。

でも、「叱らずに導く」という手法をマスターしたら、この先の人生、色々と利用&応用出来る機会が多そうな気がするので頑張ります。

さて、今日はオービーの最初の集団トレーニング日でした。

c0150224_942506.jpg


他のお兄ちゃん、お姉ちゃんワンコ達に負けず劣らずの素晴らしい集中力で頑張りました(ビックリするほど食い意地が張っているので、トレーニングに集中させやすいのです・笑)。

c0150224_941519.jpg


何があっても集中出来るようになるためのトレーニングで、可愛いコーギーちゃん登場。トリートが欲しくて仕方がないオービーはコーギーに気をそらすことはなく、ずっと一徹さんの目を見つめ続けていました。アッパレ。

c0150224_9424325.jpg


トレーニングも頑張り、お兄ちゃんワンコにもたくさん遊んでもらえたようで大満足でした。ちなみに遊ぶ時はお仕事終了ということで、ベストを脱がなければなりません。

c0150224_943076.jpg


家に戻ってからはこの通りバタンキュー(あ、ゴメンナサイ、男の子の「モノ」が全開ですね・笑)。お昼寝をたくさんしてくれたので、家事も少しはかどりました(イタズラッ子オービーが来てから、お世話が大変で家事が全然はかどりません〜)。

c0150224_9433792.jpg

[PR]

by KICKPOP | 2014-01-12 09:44 | サービスドッグパピーレイジング

Obie

ベンちゃんが亡くなって数日のこと。泣いてばかりだった私達家族。

私:「犬はまた飼いたいけど、死んじゃうのが悲し過ぎるよね。」
ハニー:「Me too.」
ブブ:「犬が飼いたいけど死ぬのを見るのが嫌なら、ボビー・オロゴンが盲導犬の子犬を育てるボランティアしてるのを志村どうぶつ園で見たことがあるよ。アメリカにもあるのかなあ?探してみる?」

こんな会話の数週間後にまさか本当にパピーレイジングというボランティアをすることになるとは夢にも思っていませんでした。

先週、年明け早々我が家にやってきた子犬のObie(オービー)です。

c0150224_1439364.jpg


お母さんは盲導犬のイエローラブ、お父さんはサービス犬のゴールデンレトリバーという多分優秀なサラブレッド。サービス犬になるために生まれてきたワンコです。

18ヶ月後から始まる本格的なサービス犬トレーニングが始まるまで、我が家でトレーニング準備を始めつつ育てていくというプログラムです。ウィークリーレポート、マンスリーレポート、週1回2時間のトレーニングに参加すること、外出時はどこにでも連れていき、あらゆる人、動物、物、シチュエーションに接する機会を与えること、予防接種や病気や怪我をした時の治療費、エサ代、オモチャ代・・・等、育て親の私達が負担する、というボランティアです。

最終的には70個以上のコマンドを覚え、ハンディキャップの人の手となり足となるサービス犬は、ペットではなく人間のパートナーなんだそうです。コロラド州でハンディキャップの人達がサービス犬を待つ時間は平均で2年。待ちわびる人達がたくさんいるのに、なかなかプログラムを卒業し、サービス犬となれる犬がいないという厳しい現実があるようです。

責任重大!!!まずは当面の目標は「Do it!」でおしっこ&ウンチが出来るようにしなければ、です。サービス犬はおしっこ&ウンチでさえ自由にすることは出来ません(驚)。めちゃめちゃ可愛いんですが、こんなやんちゃ坊主をどうトレーニングしたらいいものか・・・ちょっと途方に暮れていたりもします。

c0150224_14414934.jpg


c0150224_1442434.jpg


c0150224_1442993.jpg


今日は、オービーの名刺用の写真を撮りました(↑)。オレンジのリボンはボランティア団体から指定されたものです。オービーの名刺、私の名刺、オービーが着用するベストがあれば、いかなる場所もオービーを受け入れなくてはならないというコロラド州の法律があるようで、これから先、ベストを着用したオービーと、水戸黄門の印籠のように名刺を持ち歩き、オービーといつも一緒・・・の18ヶ月間が始まります。

St. Ben、天国からママを見守っていてね♥
[PR]

by KICKPOP | 2014-01-07 14:44 | サービスドッグパピーレイジング