<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Take Our Daughters & Sons to Work Day

今年も行ってきました!「Take Our Daughters & Sons to Work Day 」♪
(「Take Our Daughters & Sons to Work Day 」とは???詳しくは以前書いたブログなど読んでいただければ嬉しいな、なんて思います♪)

今年はお友達のアンズちゃんも一緒に参加。

c0150224_8435537.jpg


(O社殿、いつもお世話になっております〜。先日の日本への義援金サポートも本当にありがとうございました053.gif

さて、スケジュールはこんな感じ・・・

c0150224_8445968.jpg


8時 親子で朝ご飯
9時〜9時20分 データセンター見学
9時30分〜9時50分 Twitter while you work(ツイッターとO社の関連を学んだ様子)
10時〜10時20分 O社での身体障害者の仕事環境(今年も全盲のプログラマーさんが盲導犬のKagamiちゃんを連れてプレゼンして下さったそうです)
10時30分〜10時50分 ソフトウェアについて
11時〜11時50分 サイエンス&マジック
12時〜12時50分 親子でランチ(私もジョインしました♪)
1時〜1時20分 アイザック・ニュートンコンピュータ
1時30分〜3時 プログラミング(自分でソフトウェアをプログラミングしてみよう)

前回のスケジュールと比較してみたのですが、今回も(さらに)面白く内容が濃くなっている気がします。

二人ともちゃんとノートも取ってました。

c0150224_8485320.jpg


でも、一番楽しかったのは、サイエンス&マジック(あまりソフトウェアには関係ない?)だそうで。

お昼休みにはダアダのキューブにもちょっとお邪魔しました。眺めのいい窓際に座ってるみたいです(笑)。

c0150224_8492411.jpg



二人ともいっぱい色んな事を見て、経験して、勉強して、立派な大人になってね・・・
[PR]

by kickpop | 2011-04-29 08:51 | 家族

Non doing

ブログの更新が随分不定期な感じの今日この頃です。

毎日毎日、1日も欠かさずに更新していた頃のパワーは何処へ(笑)?

家のお掃除も以前は全部一気にしていたのですが、最近は場所を区切って(今日は1階だけね、とか)お掃除しています。そうすると疲れないということに気付きました(笑)。

お仕事は相変わらず全力投球ですが、こちらは手を抜く方が逆にストレスになることが分かったので、このままでいます。

「やる」か「やらないか」だけじゃなくて、「やらないということを選ぶ」「自分が一息つけるためのお膳立てを立ててあげる」ことも選択の一つなんだなあ、なんて思ってます。歯を食いしばって頑張り続けたり、息が出来なくなってしまうほど色んなことを溜め込んでしまうのは、あんまりいいことじゃないですもんね。

What does letting go actual mean? It's a non doing・・・かな〜・・・。

これからも気ままにブログを書いていこうと思いま〜す060.gif


さて、先日、生徒さんでもありお友達でもあるMichelleとStreet Kitchen Asian Bistroに行ってきました。

c0150224_13234367.jpg


デンバーで初めてお好み焼きを食べました・・・感激です。

c0150224_13241344.jpg


(コデジで撮影のため、あんまり美味しそうに撮れてませんねえ025.gif

日本のお好み焼きそのもの、ではありませんが、大きなカリカリの天かすと豚バラ(こちらはオプションです)がいい感じ。かつお節もマヨネーズも青のりもちゃんとかかってます053.gif日系人のMichelleはお好み焼きを食べたのは初めてだったようですが、「美味しい、美味しい。次はこれを頼んでみなくっちゃ!」と、とっても感激してました。

あ、梅酒ロックも美味しかったですよん069.gif
[PR]

by kickpop | 2011-04-27 13:31 | 癒し

カノン

プチお久しぶりです。

今日は、まずは・・・(お時間のある方&お仕事中でない方)、有名なバッハルベルの「カノン」(クラシック音楽)などお聴き下さい060.gif





最近は、仕事に追われ、故障してしまった私の車の修理に振り回され、(挙句の果てに?)不注意から右手の人差し指を突き指してしまい、仕事、家事、コンピューターワークもままらないほど痛い思いをした、気分の落ち込むことばかりの地味でつまらない毎日でした007.gif


話は最初に聴いていただいた「カノン」に戻ります。華やかで伸びやかな高音のメインの部分と、穏やかで静かな一定のリズムが続く低音の部分があることに気付かれたでしょうか。

低音部分はちょっと地味で目立たない音やリズムです。でも、もしも低音部分がなくなってしまったら、きっと高音部分の美しさもなくなってしまうと思います。高音の美しさをより引き立たせるために低音の落ち着いた安定した音やリズムがあるんですよね。


私の日常も、この「カノン」と同じで、日々の地味~・・・なお皿洗い、お洗濯などの家事や、レッスン前のリーディングや練習などの準備や、車や家のメンテナンスや、そして元気にお仕事したり生きていくための健康管理などの「低音な部分」があってこそ、「ハッピーだな」「嬉しいな」「シアワセだな」なんて思える人生の「高音の部分」の瞬間を楽しめるのかもしれません。


それでは、突き指が痛いので、今日はこのへんで。
[PR]

by kickpop | 2011-04-25 07:50 | 癒し

ピタゴラスの定理

日本語補習校6年生になって、かなり勉強が難しくなってきた気がする今日この頃(ブブ&私にとっては)。円の面積や円周の長さの求め方、邪馬台国の歴史・・・などなど、ブブの勉強を見る傍ら、私自身も復習しています。実は結構この「復習のプロセス」が面白くて、算数の問題が解けた時なんて、私とブブで「ハイファイブ!」

現地校は、みんなで足並み揃えて同じように進みましょう、の日本の学校とはちょっと違って、好きな科目や得意な科目があると、その子に合わせてどんどん先に進ませてもらえます。ブブは現地校では算数が得意らしく、今、「ピタゴラスの定理」を使い、「設計プロジェクト」なんてものに取り組んでいます。こちらは勉強を見てあげるどころか、逆に屋根の求め方など説明されて・・・チンプンカンプン(ひたすら英語だから分からないと誤摩化してます・笑)。ブブ、設計プロジェクトがとっても面白いらしく、「将来は建築家になるのもいいかも?」なんて思い始めているようで、ちょっと楽しみでもあったり(じいじの跡継ぎ???)ダアダとママにステキなお家を建ててくれるのかな〜♪

c0150224_13434668.jpg


↑レオナルド・ダ・ヴィンチによるピタゴラスの定理の証明


以前、アメリカ人で数学の学習塾を経営している方とお話した時に、日本とアメリカの数学の学習法には大きな違いがあるとおっしゃっていました(日本からの留学生もたくさん見ていらっしゃるそうです)。日本の数学は徹底した反復法と暗記術、アメリカの数学は、むしろ丸暗記するよりも、A地点からB地点へ辿り着くまでの方法は1つじゃなくて色々あるんだ、それを証明してみなさい、と考える力をつけさせるための学習法なんだそうです。

現地校と補習校の両立で大変な毎日ですが(今週からソフトボールシーズンも始まり、ますます忙しくなりました)、日本とアメリカ、両方の学習法を学べるブブはとってもラッキー(本人は宿題に追われる日々に文句タラタラですが・苦笑)。
[PR]

by kickpop | 2011-04-21 13:50 | 家族

Limitation 〜限界〜

最近ある女性二人のパーソナルレッスンを始めました。

高血圧症と心臓病をお持ちの60代半ばの女性と、職場でたくさんのストレスを抱えて体も心もカチカチになってしまっているという女性刑事さん。お二人ともヨガや太極拳や気功運動で体をほぐし、心も体も健康になりたいとおっしゃっています。

また、私のレッスンに来て下さる生徒さんの中には、癌と闘病中の方、膝やヒップの手術をされた方など・・・いわゆる「ハンデ」を抱えた方が数名いらっしゃいます。皆さん、健康維持や増進のため、失った機能回復のため、心の平穏を保つためにと、レッスンに通う目的も様々。

私自身も10年前には普通に出来たことが、加齢と共に(苦笑)無茶が出来なくなり、まるでハンデを抱えてしまったかのように思えてしまうのですが、そのハンデを乗り越えたり、補うためには何が出来るかな・・・なんてことを最近はよく考えるようになりました。

怪我や病気などの「Limitation 〜限界〜」って、「この限られた条件で、自分はどう向上出来るだろう」と考えるきっかけになるような気がします。怪我も病気もなかったら、きちんと自分と向き合うこともないかもしれません。



さて・・・お知らせです。今週の火曜日、Group Centergy ニューリリースのLaunchがColorado Athletic Club DTCで行われます♪今回もゲスト(ノンメンバーさん)のご参加、大歓迎です。

c0150224_13373794.jpg

(何だかヨレヨレ写真でスミマセン)

Centergyは音楽と一緒にキモチよくヨガとピラティスをする・・・というグループエクササイズプログラムです。チャレンジングではありますが、決して無茶な危険なポーズ等はありませんので、年齢やハンデを問わず、どなたでも安心してご参加いただける楽しいプログラムです。フレキシビル&タフなカラダを目指して、一緒にCentergyしてみませんか?

日時:4月19日(火)午後6時半〜7時半
場所:Colorado Athletic Club DTC Mind & Body Studio
(住所&電話番号:5555 DTC Parkway | Greenwood Village, CO 80111 | 303.779.0700)

今回のテーマは「It's better in groups!」みんなで楽しく汗を流しましょ♪


☆オマケ☆

イチゴが美味しい季節になりました〜。大好きなイチゴチョコを作りました。美味しいチョコ(ヴェローナ)をゲットし、きちんと手をかけて(電子レンジチンではなく)チョコを溶かしたら・・・本当に美味!

c0150224_1340687.jpg

[PR]

by kickpop | 2011-04-18 13:42 | お仕事

ヒア アフター ~Hereafter~

残念ながら、日本では上映中止になってしまった映画、「ヒアアフター ~Hereafter~」をDVD鑑賞しました。

c0150224_6251432.jpg


ヒア アフターとは、「死後の世界」そして「今後」「未来」の意味。臨死体験をしたことで元の自分に戻れなくなり、孤立するジャーナリスト、死者と話せる能力を捨ててしまいたい青年、唯一無二の存在だった双子の兄を失い、死の世界と交信を試みる少年。パリ、サンフランシスコ、ロンドン。3つの都市に住む3人の男女の魂がお互いを呼びあう・・・というスピルバーグ×イーストウッドがコラボしたとってもスピリチュアルないいお話でした。そして、映画を観て、私自身の(ブブを通して)経験したある不思議なことを思い出しました。

小さい頃からとっても可愛がってもらったきみこおばちゃん(大叔母さん)が亡くなった時のこと。アメリカに住んでいるし、ブブもまだ小さかったし(3歳か4歳くらい)、あまりに突然の死だったので、お通夜にもお葬式に駆けつけることも出来ず。本当に悲しかった。

初七日の日。突然、ブブが玄関の方を指さして、「あ!きみこおばちゃんがいる!着物着て立ってるよ!こっち見て笑ってるよ!」と、笑うんです。きみこおばちゃんに何回か会ったことはあったものの、小さいブブの口から「きみこおばちゃん」という言葉が出てきたことはそれ以前になく、本当に驚きました。

結局、私はきみこおばちゃんの姿を見ることは出来なかったけれど、「怖さ」とかは全くなくて、それよりも最後にきみこおばちゃんがデンバーまで遊びに来てくれたことが本当に嬉しかった。(「KICKPOPちゃんは随分遠い所にお嫁に行っちゃったねー。でも本当によく帰ってきたねー。」って、日本に里帰りする度に言ってましたから。)

最後にイーストウッドからのメッセージ。「死後の世界があるかは誰にもわからない。ただ、人は与えられた人生を精一杯生きるべきだと信じている」。


きみこおばちゃん、元気かなー・・・。会いたくなっちゃった。
[PR]

by kickpop | 2011-04-16 06:33 | 映画&DVD

「お大事に」week

今週は、「お大事に」week。

ちょっと前に受けた持病の定期検査の結果があまり良くなく、再検査(涙)。検査前から調子悪いなあ、と思っていたので、まあ、何となく分かっていた結果ではありましたが。

そして今回の再検査、検査前の3日間は運動は禁止・・・というドクターストップがかかり、今週はいくつかお仕事をキャンセルしました。来週は、Group CentergyのLaunchもあるのにぃぃぃ・・・練習出来ないし・・・007.gif

とは言いながらも・・・お仕事をスローダウンした途端、気が抜けてしまったのか、いつも以上に寝る、寝る(笑)。たくさん寝ているのに、まだ眠い。よっぽど疲れてたのか、私!?

時間もちょっとあったので、久しぶりにベーキングをする気分にもなりました。

バナナブレッド。レシピを勝手にアレンジしたオリジナルです(得意です)。分量を変えたわりには(お砂糖を半分にカットしたり、ラム酒をたっぷり入れたり)美味しく焼き上がりました♪

c0150224_1342779.jpg


お散歩はしていいと言われたので、モールに行って、春物お洋服をチェック。平日のモールは人がいなくて歩きやすい。

気付けば・・・のんびりしたせいか、昨日まであんなにひどかった痛みが和らいでいました043.gif

ストレスや疲れがたまっている時って、ますます気持ちが高ぶり、逆に「もっと頑張るぞ!」なんて袖をまくりあげてしまうものです。

でも・・・体の不調は「頑張り過ぎだよ」のメッセージ。

最近の私・・・生き急いでたかも???

気を楽にしてもっとのんびり生きよう。
[PR]

by kickpop | 2011-04-14 13:15 | 健康

Continuous effort...

太極拳のレッスン、今日からSet2(第二部)に入りました。

c0150224_8363766.jpg


私は太極拳マスターでも何でもないので、あくまでも「楽しく、リラックスムード」で、生徒の皆さんと一緒に楊式太極拳の型を練習しています(Young Style; Set1, Set2, Set3と三部に分かれています)。Set1を始めたのが去年の今頃だったので、ここに辿り着くまで1年かかりました。

c0150224_837380.jpg


太極拳レッスンをフィットネスクラブで教え始めたのが、確か・・・2006年か2007年頃だったので、足掛け4〜5年・・・ということになります。今でこそたくさんの生徒さんがレッスンに来て下さいますが、当時は(今も、かな)ヨガ全盛期、太極拳は中国人かお年寄りかヨガが出来ない人がするもの・・・くらいの感じでした。どのクラブも、太極拳は「オマケ」感覚だったので、与えてもらえるレッスンの時間枠は、人影もまばらな金曜日の夕方や日曜日の夜。生徒さんが集まらなくてマンツーマンレッスン、なんてこともよくありました。

c0150224_839633.jpg


太極拳を教えるのを何度も何度も辞めてしまおうと思ったのですが(自分の趣味の範囲だけにとどめておこうと思ってました)、なぜか私と太極拳は不思議なご縁で繋がっているようです。生徒さんの数はじわじわと増え続け、クラブのマネージャー達にもだんだんと認められ、私自身も太極拳の他にも気功トレーニングを受けて幅を広げて頑張ろうと思うようになり・・・と、少しずつですが前進し続けてきた結果・・・今では3つのフィットネスクラブで、レッスンとパーソナルトレーニングの一つとして太極拳を教えています。

c0150224_8405298.jpg



'Continuous effort - not strength or intelligence - is the key to unlocking our potential.' -Winston Churchill-

可能性の扉を開く鍵は、強さとか能力や才能とかじゃなくて、少しずつでも諦めずに努力し続けること・・・ですね。
[PR]

by kickpop | 2011-04-13 08:42 | お仕事

Highlands散策

やっと春が来た!という感じの今日この頃。

c0150224_13554232.jpg


先日、お友達と訪れたHighlands。

c0150224_13525176.jpg


とっても楽しかったし、お天気も最高に良かったので、また今日も散策に来てしまいました。

この辺りはハニーが卒業した大学からほど近い場所。当時はイタリア人移民の街だったそうですが、その後はメキシコ人移民の街となり、最近では、「デンバーで住んでみたい場所ナンバーワン」だとか・・・。

昔と様変わりしたようですが、ハニーがよく行ったというシアターはそのまんま。

c0150224_1355589.jpg


これは今週オープンしたばかりのベーカリー。道の向こう側には「5280」でBest Breakfastに選ばれたレストランがあります。

c0150224_13583878.jpg


コチラは人気のイタリアンカフェ・Parisi。ご飯&デザート、食べました。

c0150224_1402895.jpg


オリーブいっぱいのサラダと、手打ち麺のボロネーゼ。

c0150224_1415124.jpg


c0150224_142945.jpg


デザートのパンナコッタとレモンムース。イタリアンコーヒーは濃くて美味しい。

c0150224_142473.jpg


c0150224_143783.jpg


満足。


ご飯の後は、お散歩がてら、ハニーが4年間通った大学へ立ち寄りました。

c0150224_1435818.jpg


随分と学校も様変わりした様子。それでもハニーが住んでいたキャンパス内の学生寮は同じ場所にありました。

c0150224_1445940.jpg


懐かしそう〜に、ブブに大学時代の昔話をするハニー。

c0150224_145308.jpg


のんびりまったりな土曜日の午後・・・。
[PR]

by kickpop | 2011-04-10 14:08 | デンバー散歩

ブブのお受験 〜可愛い子には旅をさせろ〜

以前にも書いたかもしれませんが、私の母の子育ては、「可愛い子には旅をさせろ」的なところがありました。

小学校1年生の時に、初めて親元を離れ、10日間ほど叔父家族と九州に行きました。どういういきさつで私一人が九州に行くことになったのかは全く覚えていません。ただ覚えているのは、心細くて、早く両親の元に帰りたくて、毎晩しのび泣きしていたこと、宮崎の人たちが何を言っているのかさっぱり分からなかったこと、そして宮崎の海は緑色で本当にキレイだったこと。

片道7、8キロくらいあったのかな?小さい頃から、妹と(当時家で預かっていたもう一人の妹みたいな)いとこを従えて、仲良しのいとこの家まで歩いていきました。どうしても行きたい場所には自分の足で行きなさい、と言われていたからです。今思えば、車の通りの激しい道路を歩いていたので、家で私たちを待っていた母は気が気でなかったろうなあ。

学校で忘れ物をした時は家まで自分で取りにくること・・・がルールでした。おっちょこちょいで忘れ物大臣だった私は、短い休み時間の間に、息を切らして走って家まで帰ったものです。残念ながら子供の頃からの忘れ物癖は未だに直らず(汗)、ハニーには、「君は頭と体がくっついてなかったら、きっと頭も忘れちゃうんだろうね」なんて言われてます(苦笑)。

高校は毎日片道45分かけて自転車通学していました。雨の日や強風の日(冬は強い空っ風の吹く北関東・笑)くらいは車で送っていって欲しいと懇願したものですが、願いは届かず(たまに父の甘さにつけこんだりもしましたが・笑)。おかげで、たくましい足になりました。

小さい頃から、「この家に一緒に住むのは高校卒業するまでで、その後は東京の学校に進学して色んなものを見てきなさい」と言われ続けていました。親元を離れた時はとても寂しかったけれど、不思議と・・・心のどこかではちゃんとその準備が出来ていたような気がします。


親は子供をずっと守り続けてあげることは出来ません。母は、この子がちゃんと自分の力で生きていけますように・・・と、少しずつ巣立ちの準備をしていたのかもしれません。そして、私を信じていてくれたからこそ、色んな旅をさせてくれたんだなあ・・・って思います。


私も今年の夏の終わりに、可愛いブブを旅に出してみることにしました。お受験していた2つの中学校から、嬉しい合格通知をいただきました。家から近くて(学区内)近所のお友達たちが数名通うことになっている方の学校か、家からちょっと遠くて(学区外)同じ学校のお友達は誰も行かないらしい方の学校か。

家族会議で決定したのは学区外の学校。知らない子ばかりの学校に飛び込まなければいかないのですが、ブブの良い所や可能性をたくさん引き出してもらえそうなこちらの学校に決めました。

ブブならどこに行ってもきっと大丈夫。

c0150224_13141090.jpg


楽しい3年間になると思うよ。

c0150224_13145854.jpg


(ブブの夢はこの学校の弱小ソフトボールチームを優勝に導くこと・・・?)
[PR]

by kickpop | 2011-04-08 13:20 | 家族