母の宅急便

やっと、やっと、やっと、届きました~!
日本を発つ前に、出した船便の荷物が届いたのです~。
不思議ですね。昨日、「どうして船便が届かないんだろう。もう1ヶ月半以上も経つのに。コーチバックと一緒で、なくなっちゃったのかな。。。くすん。。。」なんて思っていました。私と船便の荷物、以心伝心(笑)?

c0150224_1242867.jpg


「何が入ってるの?クンクンクン。」と、ベンちゃん。私の1年分の食料ですよ(笑)。

箱を開けた途端、「ふわ~っ」と、日本の匂い。楽しかった日本の思い出が、心の中に「ふわ~っ」と、よみがえってきたようなキモチがして、心が暖かくなりました。

差出人も受取人も自分ですが、こうやって送られてきた包みを開けるのって楽しいですね♪

私が一人暮らしをしていた頃、母はほんとによく宅急便を送ってきてくれました。

「煮物を作ったから宅急便で送ったよ。明日の〇時指定で送ったからね。ちゃんとその時間、家にいてね。」なんて電話が、週末前にかかってくるのです。

作りたての煮物、作りたてのお餅、田舎で取れた新鮮なお野菜、とにかくたくさん、宅急便の箱の中にぎゅうぎゅう詰めになって入ってましったっけ。

宅急便屋さんが早く来ないかなあ・・・と、今か今かと心待ちにして待っていた母からの宅急便。そして、届いたその箱を開けると、「ふわ~っ」と、母の匂い。実家の匂い。懐かしい匂い。いつも心が暖かくなりました。

もう、宅急便を届けてもらえる距離には住んでいないけれど、母の宅急便の暖かい思い出はいつも私の心の中にあり、こうして、「ふわ~っ」と時々、戻ってきてくれます。


そして・・・コレコレ!間違えて、船便荷物に入れてしまった大切なもの・・・

c0150224_1304375.jpg


NEWSPOフレンドのchocokeさんにいただいたうなずきんくん~!うなずきんくんは、話しかけると、首をたてに振ったり、横に振ったりしてくれるお人形なのです。

c0150224_1363394.jpg


「ねえ、今日もアイスクリーム食べちゃってもいいよね?」 うなずきんくん、うなずく。
「今からちょっとお仕事した方がいいかな?」 うなずきんくん、横にくびをふる。
「うなずきくん、明日も晴れるかな?」 うなずきんくん、うなずく。

何とも「癒し系」なうなずきんくんに癒されております。chocokeさん、ありがとうございました☆
[PR]

by kickpop | 2008-08-22 13:14 | 癒し